「「VR×食」の可能性のレポート」食す際の環境は重要ですので、VR内の体験は食との相性が良いですが、いかついゴーグルは自宅では流行りません。


 

https://www.lifehacker.jp/article/ba743909-05c5-4311-8ad2-82548b549722/

 

おぉ~次のフェーズですね。


「THE SUSHI DEVICE」が実施している「VR×食」の可能性をレポートしたという記事です。


おそらく、自宅ではいかついゴーグルをつけて体験する行為は流行らないと思っています。


その反面、食の味は思い込み半分です。


有名な話ですが、かき氷のシロップは色が違うだけで、元の味は一緒、というのはいい例だと思います。


そういった面から、食す際の環境や雰囲気作りは重要です。


なので、VR内の体験は食との相性が良いと感じますので、あとはゴーグルというデバイスが眼鏡くらい簡単に装着できるようなるかどうかでしょうか。


今後のVRの展開が楽しみです。


――――――――――――――――――――

▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/

――――――――――――――――――――

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり