「インドア農業」という響き以上にノウハウが凄い!加えてSDGsへの貢献度は非常に高いのではと感じました。


 

https://jp.reuters.com/article/usa-agriculture-indoor-idJPKBN2AJ0SC

 

へぇ~「垂直農場」って凄いですね。

コロナ禍で「インドア」という言葉の響きもキャッチ―ですね。


「人工光を使用し、作物が排出する水蒸気を回収し再び給水に使う」ため、屋外でレタスを育てる場合と比べて2%の水の量でいいとのこと。


アフリカ等、天候的に食料に恵まれない地域で活用できそうなのかな。


また、農薬をいっさい使わないため健康にも良く、天候不順にも強そうですし、今後も伸びそうな分野だと感じます。


コロナ禍で都心に空きテナントが増えるため、都心での農業活動も可能ですし、より生き方が多様になれそうです。


ちなみに、郊外ではビニールハウスのいちご農園が増えているのですが、半年ほど前、いちご農園の農家さんにお話を伺う機会がありました。いちご農園の什器と栽培ノウハウは大手メーカーが提供していて、室内の温度や給水などすべてシステム化されているとのことでした。今回の記事のメリットデメリットに近し内容だったな、と感じました。


▼まとめ

・「垂直栽培技術」により、人工光を使って屋内で大量の葉物野菜を生産

・コロナ前はあまり流行る傾向はなかった

・コロナ禍であることと、気候変動への懸念が追い風

・人工光と温度管理、最小限の土と給水装置やミスト(霧)散布装置で育成可能

・本格的に拡大するのは今後3~5年


日本の食料自給率は8%未満と非常に低いため、国策としても価値があるのではないでしょうか。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し