「コト売り」「共助」「多様性」を軸にモノづくり大国の象徴「パナソニック社」を変化させた津賀社長を尊敬します!


https://newspicks.com/news/5703689/body/?ref=index


この判定を見ていると時代背景が明確に反映されていますね。


・過去の栄光にメスを入れる(テクノロジーの発達)

・テスラやトヨタとの共助(コト売り支援)

・外部人材の活用(多様性)

は成功し、


・GDP経済の延長にある増収増益(客数×客単価)

・中国での家電ビジネス(物売りでの市場拡大)

は失敗しています。


将来の変化は冷静に考えると「当たり前」なんですが、実際に社長という立場で自社ビジネスをまわしているとなかなか見えないものです。


▼これからの時代で見えている事例

・マーケットキャップはさらに伸びる

(GDP経済を伸ばす時代は確実に終わる)

・人口減でデジタル/テクノロジーの活用が増々必須になる

(過去の産物にこだわれない)

・ベーシックインカムが普及し生活する国を選べるようになる

(富の再分配の仕組みが変わる)


一例ですが、主な上記3点を踏まえて自社の将来を考えれば自ずと答えが出てきます。(働いている会社の自戒も含め)


▼まとめ

・2012年、パナソニック史上最年少となる55歳で津賀一宏は社長に就任

・エース人材の社長登板

・自分で過去の残したツケを清算した

・2020年度の業績は、売上高6・6兆円、営業利益2300億円


結論、モノづくり大国日本で大成功を収めた大企業を、難しい時代にコントロールし続けた津賀さんはめちゃくちゃ凄いです。尊敬します。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え