「ショッピングモールのデジタル化」百貨店のようにリアルモールとECモールの中間を狙うのもありです。(メタバース化しやすいですし)


 

https://forbesjapan.com/articles/detail/47312/1/1/1?s=ns

 

特筆するまででもないですが、ちょいと気になりました。


ショッピングモールの生き残りには「デジタル化」が不可欠という記事です。


少し内容からズレるかもしれませんが、先日、ショッピングモールの仕事を受けていて感じたことがあります。


それは、「あくまでも来客にこだわること」でした。


そのショッピングモールはアプリもあり情報自体は発信していますが、来店しなければ成立しないようなクーポンやお得情報ばかりでした。


テナント料で収益を上げているなら、同じ仕組みでモールECを拓いて、そこから各テナントのサイトに飛ぶ仕組みなど作ればいいのにと思いました。


もちろん、EC上の場所代として一律のテナント料を徴収します。


アプリ登録者数が5万人ほどいましたので、定期的にECに流入するよう一斉配信するだけでも各社にとって価値があります。


まだまだやりようはいくらでもありそうですね。


百貨店のようにリアルモールとECモールの中間を狙うのもありです。

(メタバース化しやすいですし)


勉強になります。


――――――――――――――――――――

▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/

――――――――――――――――――――

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛