「シンカンセンスゴイカタイアイス」用スプーンがニッチな課題をさっくっと溶かして売れ行き10倍!


https://trafficnews.jp/post/106731/2


このニッチ感、すごく良いですね~


新幹線の中で販売しているアイスクリームが固くて食せないという課題に対して、スプーンに熱をもたせて溶かして食べるという発想から、商品化したという記事です。


私も以前は新幹線移動が多い仕事でした。


正直、電車内では仕事をしていたためか、アイスクリームを食べようとは思いませんでしたが、スーツを着ている方が多いため、重宝されるのではと思いました。


なぜなら、固くて食べれなのでスプーンを強く刺すと、アイスの固形が「ポンッ」と飛び出して、スーツについてしまうことがありそうだからです。


この商品、電気など発電エネルギーを利用せずに、手の温度(自然熱)を利用しているところが素敵です。


なんだったら、どのくらい食べやすくなるのか試してみたいくらいです。


このような視点で現場を見ていけば、課題はいくらでも残っていそうですね。


また、アイデアが一度ボツになったそうですが、他の人に声を掛けることであっさり商品化までこぎつけたようですが、仕事をする上で大事な要素ですね。


▼まとめ

・東海道新幹線の車内販売で新型新幹線「N700S」をデザインしたアルミ製のアイスクリームスプーンが新発売

・SNSでは以前、『アイスにスプーンが刺さらない動画』が流れていた

・アイデアは一度お蔵入りした

・現在は通常の10倍の売れ行き


「シンカンセンスゴイカタイアイス」という呼び名があったこと、知りませんでした。。。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

状況が明確になれば一つずつ対処し未来を作ることに集中していきましょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2230G0S1A920C2000000/?unlock=1 リアルな数字が出ました。 コロナ禍で4.5万件の飲食店が閉店したという記事です。 政府の対応が飲食店に対して極端だったように個人的には感じますが、時代によって生き残る産業と生き残れない産業があります。 コロナ禍以降、飲食店のニーズが減れば、市場は縮小し、飲食店

「良いものは売れる」という時代はとっくに終わり、クオリティ以外の部分を描いてビジネスができるかどうかが重要です。

https://www.businessinsider.jp/post-243858 へぇ~すごく面白い取り組みですね。 4人の女性が移動しながら宿泊できる2階建てバスをリノベーションし、旅行プランナーとして商売を始めたという記事です。 内装からなにから全て4人で手掛けて行ったようですが、バス内を写真で見る限り、クオリティがかなり高いです。 人件費がかからないとはいえ、そこそこ投資は必要だったので

マクドナルドの強みは常に先行利益を獲得し続けている部分であり、代替肉分野に関しても同じことが起こるのでしょう。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101500169&g=int 少しずつ進んでいるようですね。 米マクドナルドで代替肉バーガーが試験販売されているという記事です。 代替肉バーガーの試験販売はもうだいぶ前から行われていますが、本当にゆっくり進めていますね。 というより、将来を見据えて着実に進めているという感じでしょうか。 例えば、モスバーガーやロッテリア、