「スシローのおとり広告問題」客層心理が垣間見れる事例です。(おとり広告はNGが前提です。)


 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/96529?imp=0

 

なるほどですね。


スシロー「おとり広告問題」に関して真の原因を突き止めようとした記事です。


題材的に打ち出した企画商品が、広告商品の販売期間中に販売できていなかったことで指摘を受けたということです。


その原因は、利益を追求する経営側と食材仕入れの現状が乖離していったことと結論付けています。


確かに、広告を見て行く→売り切れている、が毎回続くことは企業の姿勢としては良くないことですし、実際の販売状況と乖離した広告は良くないです。


しかし、売上が上がり続けているという事実はどう捉えればいいのでしょうか。


・寿司屋って当日の仕入れ状況により売り切れ御免は当たりまえ

・ファミリー層にはあまり関係ない(品揃えの広さが優位になる)

・それでも他チェーンより行きたくなる(他チェーンが弱い)


私はたまに行きますが、売り切れていること自体、自然と受け止めていたのか、全く気になりませんでした。


逆に、いつも食べている定番のネタが売り切れている方が残念です。


「おとり広告」はNGですが、顧客の心理が読めるいい事例です。


勉強になります。


――――――――――――――――――――

▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/

――――――――――――――――――――

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり