「ブランディング記事LPの反響が別格」時代を掴めていると当たり前と感じる記事ですが、ここに感性の壁を感じます。


 

https://epinote.jp/sodaterukiji04/?utm_source=newspicks&utm_medium=display&utm_campaign=ep220725&np=1

 

確かにですね。


サブスク企業がブランディング記事を次々に導入しているという記事です。


単純に商品が売れていく導線も「背景」や「プロセス」が重んじられています。


なので、LPもそうでしょう、という話です。


しかし、改めて具体的に話を読むと納得します。


私の会社でも記事広告を作っています。


「雑談風」の記事ですが、反響が出ます。


商品の話はあまりせず、人柄と背景を軸にしているだけで、反応がよいです。


「ブランディング記事LP」と概念が似ていたのでピックしました。


勉強になります。


――――――――――――――――――――

▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/

――――――――――――――――――――

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり