top of page

「佐賀県でレストランを”メディア”にした新しい町おこし”ユージアム サガ”」町おこしは”入り口”が大事で、ストック/フローの選択でほぼ決まります。


 

https://www.wwdjapan.com/articles/1462614

 

なるほどですね。


レストランを”メディア”と位置付けてそこから地方の魅力を伝えていく、それが新しい町おこし「ユージアム サガ」ということですね。


まず、「食」は日本人ならず外国人にも刺さるため「食」の切り口はとてもいいと思います。


最近、答えが出始めた1つとして、町おこしの入り口で大きな選択があることです。


①町に人を呼ぶのか

②町に人を住ませるのか


この選択を間違えると町がおきない可能性が大きいなと。


①はフローの考え方で、町に人を呼び続ける考え方です。


・初めて町に行きたくなる「魅力」(名物、名所)を作る

・その「魅力」を発信し続ける宣伝をする

・1度来ても飽きない「魅力」を保ち続ける


②はストックの考え方で、町に住んでもらうという考え方です。


・居心地が良い「環境」を作る

・便利な町の「環境」を設計する

・収入に対してコスパがいい「環境」を整える


ざっくりですが、同じお金を使用するなら大半の町は②の方が向いているのではと思います。


②の方が現在住んでいる方も満足度が上がり、外に出ないため、税収入も安定します。自然と育児の「環境」も良くなりやすいので人口も増えそうですし。


つまり、イベント的なノリで何かをやっている感が高い①を選択しちゃいたくなりますが、「入り口」は冷静に選択した方がいいということです。


――――――――――――――――――――

▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/

――――――――――――――――――――

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://newswitch.jp/p/34845 なるほどですね。 ペーパレス化の影響で印刷会社は既存の案件が減り続けているため、新規案件が獲得できるよう、メーカー側がいろいろ開発しているという図ですね。 デジタル印刷は印刷全体で約10%のシェアしかなく、そこを掘っていく流れです。 メーカー側もニッチな需要を狙っているかと思いきや、印刷業界の流通額が結構大きいのですね。 19年の国内の印刷

https://www.jprime.jp/articles/-/26011 無人餃子の店舗展開は早かったですね。 損益分岐点が低いため、多少万引き等されても問題ないのでしょう。 お肉の無人販売所は「副業」の視点で損益が組まれています。 年収400万の会社員が副業で毎月10万、年間120万稼げたら、最高です。 そもそも1店舗あたりの利益をたくさん捻出するビジネスモデルではないため、より多店舗展開が

https://www.hotosena.com/article/14776669 どこまで真面目な話だとかと読み進めましたが、どこまでも真面目な話でした。 東京都立多摩科学技術高等学校の生徒が、校舎を都心部へ移動させたいという想いから校舎を押し始めたようです。 現状では近くの電車の揺れで電子機器を利用できない、など理由は至って真面目。 また、「正攻法に嘆願書を学校に提出しても効果はない、まずは生

bottom of page