「使い捨てカイロ」が水を浄化!「ゴーグリーンキューブ」という魔法の鉄粒でヘドロが1/4まで激減!


 

https://www.sankei.com/premium/news/210424/prm2104240002-n1.html

 

へぇ~カイロの鉄分にはヘドロをなくす効果があるんですね。


元コンビニオーナーが廃棄食品と接する中で罪悪感を覚え、「地球に良いことをしたい」との想いから始めた、カイロ再利用の事業に関しての記事です。


使用済みのカイロから作った「ゴーグリーンキューブ」を川に入れると化学反応を起こし、海や川、湖などのヘドロなどを減らしたり、プランクトンの大量発生を防いだりする効果があるとのことです。


手掛けていらしゃる山下社長はコンビニ経営をしながら、自身で調べて発見したとのことです。


私も元コンビニ社員でしたので内情は理解していますが、コンビニを経営しながら他の事業を進めるって、物凄くパワーが必要なことです。


山下さんの「地球に良いことをしたい」という想いと行動に感服です。


会社のホームページも見させていただきましたが、良い取り組みをされています。


▼GoGreenGroup 株式会社

https://go-green-group.com/


▼まとめ

・環境ベンチャー「GoGreenGroup」が水質を改善する“魔法の鉄粒”を開発

・海や川、湖などのヘドロや悪臭を減らし、プランクトンの大量発生を防いだりする効果がある

・地中のヘドロが4分の1に減るなどの効果

・2025年の大阪・関西万博の会場となる人工島、夢洲周辺の水質浄化も視野に入れている


私も元コンビニ社員なので、廃棄食品に罪悪感を得てしまう気持ち、物凄く共感します。。。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛