「努力・継続」の土台があってこその「計画・計算」です!経営の本質が詰まった事例でした!


https://smbiz.asahi.com/article/14399258


へぇ~本当に凄いですよね。


埼玉県八潮市の照明メーカー「ワイ・エス・エム」さんが債務超過寸前から復活したという記事です。


まさに経営の本質が詰まっていますね。


本来、経営って目の前の課題を「他」より質高く解決し、顧客満足度が上がれば、お客様は増えるはずです。


他より質(スピード含む)を上げるためには、他より業務に対して「努力・継続」を実行する必要があります。


本来は、その「努力・継続」の土台の上に「計画・計算」があるはずなのです。


しかし、多くの経営はビジョン等の「計画・計算」が先にきて、「努力・継続」をせずに、結果「運任せ」になっている状況を散見します。


今回の記事では、先が見せないため、目の前の課題をとにかくフルコミットで解決していったことがすべてです。


話は変わりますが、会社員時代のとある日、赤字状況の中、新規事業で会員制の商材を導入する話になりました。


導入について、社長、役員と話をしていた際「会員100人も集まらないのではないか」と懸念していましたが、本当に成功させたい、赤字を改善したいと思うなら、役員10人が人脈を活用し、どぶ板営業すれば、会員100人なんてすぐ集まるはずなんです。


「努力・継続」を無視し、「計画・計算」のみで判断している時点で厳しい経営状況からは脱出できないなと感じました。(実際、赤字続き)


今回の記事、勉強になります。


▼まとめ

・埼玉県八潮市の照明メーカー「ワイ・エス・エム」

・デザイン照明の自社ブランドを立ち上げ、海外の展示会で賞を取るなど注目を集めている

・10年前に前社長が急逝したことで事業断念の危機に追い込まれたこともあった

・29歳で後を継いだ2代目が事業を再生させた


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

状況が明確になれば一つずつ対処し未来を作ることに集中していきましょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2230G0S1A920C2000000/?unlock=1 リアルな数字が出ました。 コロナ禍で4.5万件の飲食店が閉店したという記事です。 政府の対応が飲食店に対して極端だったように個人的には感じますが、時代によって生き残る産業と生き残れない産業があります。 コロナ禍以降、飲食店のニーズが減れば、市場は縮小し、飲食店

「良いものは売れる」という時代はとっくに終わり、クオリティ以外の部分を描いてビジネスができるかどうかが重要です。

https://www.businessinsider.jp/post-243858 へぇ~すごく面白い取り組みですね。 4人の女性が移動しながら宿泊できる2階建てバスをリノベーションし、旅行プランナーとして商売を始めたという記事です。 内装からなにから全て4人で手掛けて行ったようですが、バス内を写真で見る限り、クオリティがかなり高いです。 人件費がかからないとはいえ、そこそこ投資は必要だったので

マクドナルドの強みは常に先行利益を獲得し続けている部分であり、代替肉分野に関しても同じことが起こるのでしょう。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101500169&g=int 少しずつ進んでいるようですね。 米マクドナルドで代替肉バーガーが試験販売されているという記事です。 代替肉バーガーの試験販売はもうだいぶ前から行われていますが、本当にゆっくり進めていますね。 というより、将来を見据えて着実に進めているという感じでしょうか。 例えば、モスバーガーやロッテリア、