「失点罰金型」の早起きアプリは覚悟を決めないと利用でなそうです!あと3年程は同様のアプリは増え続けて開発から活用フェーズに入りそうです!


https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2104/22/news115.html


最近、こういったアプリをベンチャーが作るパターン、激増していますね。


決めた時間までに家から100m以上離れていなかった場合に課金されるアプリの記事です。


私は早起きなので利用できませんが、寝坊する人の心理って「罰金」によって解消されるのでしょうか。(謎です)


「やる気」も同様ですが、お金に起因するモチベーションって人間の成長には繋がりにくいと思います。


しかしながら、恐らく私のような考え方が大半だとした場合、このアプリはニッチで市場規模がしこたま狭い、スキマ産業となるのでしょうね。


そういった視点では面白いサービスです。


一昔前は「目覚まし時計を10個セットしても起きれない」みたいな人がいましたが、1個2,000円×10個=20,000円の罰金先払い的なことをやっていたと考えると、このアプリは失点罰金型(成果報酬の反対)になっただけとも捉えられますね。


他の方のコメントで面白いアプリを紹介されていましたが、これ系の開発は今後も続き、3年ほどでアプリ開発は終わり、活用フェーズへ本格的に移行しそうですね。


▼目標を達成できなければ、お金を没収? 習慣化アプリ「SIZLY(シズリー)」

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2102/22/news112.html


▼人間関係を良くするアプリ

https://note.com/tomoya0725/n/n205f30964f7c


▼まとめ

・開発はスタートアップのメザミー(東京都渋谷区)

・位置情報を活用してユーザーの状況を検出し寝坊した人だけに課金する

・下限は100円からで上限はない


あ、ここの会社、退職代行のEXIT(株)を運営しているとこなんですね。

https://www.taishokudaikou.com/


宅の方は毎朝ウォーキングする、とか別の使い方もありそうですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え