「失点罰金型」の早起きアプリは覚悟を決めないと利用でなそうです!あと3年程は同様のアプリは増え続けて開発から活用フェーズに入りそうです!


 

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2104/22/news115.html

 

最近、こういったアプリをベンチャーが作るパターン、激増していますね。


決めた時間までに家から100m以上離れていなかった場合に課金されるアプリの記事です。


私は早起きなので利用できませんが、寝坊する人の心理って「罰金」によって解消されるのでしょうか。(謎です)


「やる気」も同様ですが、お金に起因するモチベーションって人間の成長には繋がりにくいと思います。


しかしながら、恐らく私のような考え方が大半だとした場合、このアプリはニッチで市場規模がしこたま狭い、スキマ産業となるのでしょうね。


そういった視点では面白いサービスです。


一昔前は「目覚まし時計を10個セットしても起きれない」みたいな人がいましたが、1個2,000円×10個=20,000円の罰金先払い的なことをやっていたと考えると、このアプリは失点罰金型(成果報酬の反対)になっただけとも捉えられますね。


他の方のコメントで面白いアプリを紹介されていましたが、これ系の開発は今後も続き、3年ほどでアプリ開発は終わり、活用フェーズへ本格的に移行しそうですね。


▼目標を達成できなければ、お金を没収? 習慣化アプリ「SIZLY(シズリー)」

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2102/22/news112.html


▼人間関係を良くするアプリ

https://note.com/tomoya0725/n/n205f30964f7c


▼まとめ

・開発はスタートアップのメザミー(東京都渋谷区)

・位置情報を活用してユーザーの状況を検出し寝坊した人だけに課金する

・下限は100円からで上限はない


あ、ここの会社、退職代行のEXIT(株)を運営しているとこなんですね。

https://www.taishokudaikou.com/


宅の方は毎朝ウォーキングする、とか別の使い方もありそうですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛