「家族写真」の撮影需要が20倍!ふと気付けば家族全員で写真を撮影する場がなくなったので必然なのでしょう!


 

https://nordot.app/794395774122442752?c=113147194022725109

 


依頼する人の気持ち分かります。


コロナ禍で家族写真の撮影をプロにお願いする件数が20倍になったという記事です。


依頼母数が少ないため、20倍自体に意味はあまりないと思いますが、需要は伸びていると思います。


まず、家族全員が写真に納まる機会が減ったように思います。


日常では子供の卒業式や入園式など、家族1名参加となれば、全員で写れません。


今までは、学校付近で家族同士が撮影しあっていましたよね。


そして、旅行やテーマパークにもいかなくなりました。


こちらも、家族同士で撮影しあっていました。


時に、テーマパークの入り口で強制で撮影させられた写真を出口で有料販売しているものを買ってしまうこともありました。


しかし、現在は上記で家族写真は手に入りません。


また、近所の公園でよく遊ぶようになると、さりげない日常に愛しさを感じる方もいらしゃるのではないでしょうか。


今後は日常における「家族」(シニア層も含めた)単位のサービス、伸びそうですね。


▼まとめ

・2020年以降、七五三などの行事や家族イベントでの記念写真ではなく「家族写真」の申し込みが急増

・「コロナ禍において、子どもの思い出になる“家族イベント”が足りていると思うか」との質問に対し、「とても不足している/やや不足している」と答えた人の割合は77.1%

・公園で子どもと一緒にシャボン玉を吹いているシーンの撮影など日常を切り取る撮影が人気


私も子供と映っている写真、ほぼないです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news028.html へぇ~面白いですね。 一度廃れた焼き芋が再度ブームになっているという記事です。 過去にブームってありましたっけ?笑 まぁ、それは別としても、今は専門店が増えていることは事実ですよね。 知り合いのお店には店頭で簡単に販売できる機材を揃えており、限定で50本くらい作って確実