「慣れ」は大事です!数年後はバーチャル接客が当たり前になっていそうですね!


 

https://forbesjapan.com/articles/detail/42719/1/1/1?s=ns

 

利用する方の気持ち、凄く分かります~


ライブストリーム等、オンラインでの販売が進化しており、各社力を入れはじめるという記事です。


私はデジタルネイティブではないため、ビジネスでZOOMを活用し始めた際、やりにくさを感じていました。


なんというか「想い」みたいなものは伝わらない的な感情がありました。


しかし、ZOOMを多用していく中で、上記のようなことは全く気にならなくなりました。


ZOOM上でも他のメンバーの様子や気持ちがリアルと同じくらい分かるようになったのです。


つまり、私なりに成長したということです。


なので、例えばショッピングについても、リアルタイムでショップに繋がり、ストリートビューのように店内を見渡し、必要があれば店員に質問(ランニングシューズのサイズ感とか)しながら購入できれば利用しちゃいますね。


デジタルネイティブの世代はむしろオンラインでの購入が当たり前のため、ますますライブストリームの流れは加速していきますので、それを踏まえたプロモーション戦略はもはや必須です。


高校生の頃、千葉から電車賃と時間をかけて渋谷や新宿まで服を買いに行ってことが懐かしいです。


▼まとめ

・とりわけホットなもののひとつがバーチャル販売

・主に、ライブストリーミング、ソーシャルメディアサイトでのアプリ内購入、クライアンテリングソフトウェア、対話型販売

・米国の小売事業者はこうしたテクノロジーを融合させ世界に追いつこうとしている


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり