「明確なメッセージ」は人を動かす!自由を担保するための規制は必要だと感じます!


https://www.afpbb.com/articles/-/3342714


フランスでは「深刻かつ(影響が)恒久的な」事例への制裁強化を目的として法案が下院で可決されました。


ヨーロッパの中でも特にフランスは自由も規制もはっきりしています。


日本では選択的夫婦別姓制度について現在も善し悪しの議論が続いていますが、フランスでは苗字に関してはとにかく自由とのこと。


本人の選択の問題なので、苗字を変える人は変える、変えない人は変えない、以上、という話です。


だからこそ文化を重んじられているのだと思います。


反対に、度が過ぎた(明らかな)環境破壊に関しては明確に罰則を設ける。


性善説は時に「考えの甘さ」を置き去りにし、許容するために利用されてしまいます。


既存の規制内でどうにかしようとせず、明確に罰則を設けることで国としての意思を感じるため、賛成派も反対派も議論しやすしね。


企業も同じことが言えます。


時代に合わせた明確なメッセージを社会、社員に発信することで、企業の変化する意思を的確に伝えることは、非常に重要であると感じるニュースでした。


▼まとめ

・同法案は水や大気、土壌を意図的に汚染する「深刻かつ(影響が)恒久的な」事例への制裁強化が目的

・フランス国内の川の汚染といった国内の事案を対象とする

・違反者は最高で禁錮10年と罰金450万ユーロ(約5億9000万円)が科される


なかなかな額ですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

状況が明確になれば一つずつ対処し未来を作ることに集中していきましょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2230G0S1A920C2000000/?unlock=1 リアルな数字が出ました。 コロナ禍で4.5万件の飲食店が閉店したという記事です。 政府の対応が飲食店に対して極端だったように個人的には感じますが、時代によって生き残る産業と生き残れない産業があります。 コロナ禍以降、飲食店のニーズが減れば、市場は縮小し、飲食店

「良いものは売れる」という時代はとっくに終わり、クオリティ以外の部分を描いてビジネスができるかどうかが重要です。

https://www.businessinsider.jp/post-243858 へぇ~すごく面白い取り組みですね。 4人の女性が移動しながら宿泊できる2階建てバスをリノベーションし、旅行プランナーとして商売を始めたという記事です。 内装からなにから全て4人で手掛けて行ったようですが、バス内を写真で見る限り、クオリティがかなり高いです。 人件費がかからないとはいえ、そこそこ投資は必要だったので

マクドナルドの強みは常に先行利益を獲得し続けている部分であり、代替肉分野に関しても同じことが起こるのでしょう。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101500169&g=int 少しずつ進んでいるようですね。 米マクドナルドで代替肉バーガーが試験販売されているという記事です。 代替肉バーガーの試験販売はもうだいぶ前から行われていますが、本当にゆっくり進めていますね。 というより、将来を見据えて着実に進めているという感じでしょうか。 例えば、モスバーガーやロッテリア、