「明確なメッセージ」は人を動かす!自由を担保するための規制は必要だと感じます!


 

https://www.afpbb.com/articles/-/3342714

 

フランスでは「深刻かつ(影響が)恒久的な」事例への制裁強化を目的として法案が下院で可決されました。


ヨーロッパの中でも特にフランスは自由も規制もはっきりしています。


日本では選択的夫婦別姓制度について現在も善し悪しの議論が続いていますが、フランスでは苗字に関してはとにかく自由とのこと。


本人の選択の問題なので、苗字を変える人は変える、変えない人は変えない、以上、という話です。


だからこそ文化を重んじられているのだと思います。


反対に、度が過ぎた(明らかな)環境破壊に関しては明確に罰則を設ける。


性善説は時に「考えの甘さ」を置き去りにし、許容するために利用されてしまいます。


既存の規制内でどうにかしようとせず、明確に罰則を設けることで国としての意思を感じるため、賛成派も反対派も議論しやすしね。


企業も同じことが言えます。


時代に合わせた明確なメッセージを社会、社員に発信することで、企業の変化する意思を的確に伝えることは、非常に重要であると感じるニュースでした。


▼まとめ

・同法案は水や大気、土壌を意図的に汚染する「深刻かつ(影響が)恒久的な」事例への制裁強化が目的

・フランス国内の川の汚染といった国内の事案を対象とする

・違反者は最高で禁錮10年と罰金450万ユーロ(約5億9000万円)が科される


なかなかな額ですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり