「良いものは良い」と評価される時代に!過去の作品がバズる理由は明確です!


https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2108/24/news083.html


へぇ~面白い取り組みですね。


日販がTikTokを活用、若年層を取り込み売上を伸ばしたという記事です。


若者が最初に触れる音楽は、サブスクリプション型が大半です。


サブスクリプション型では古い曲も新しい曲も聞くことができますので、過去の作品については新しいも古いもなく聞く感覚があるのではないでしょうか。


つまり、5年前と20年前の区別はない感覚です。


我々の時代は、古い音楽は中古ショップに行ってレコードを探し購入するため、パッケージの古さが加わり、年代を感じながら聞いていました。


本の世界でも同様に、アマゾン等で購入する場合は古さの度合いは変わりません。


なので、「良いものは良い」ため30年前の作品でも勝負できる世界となったのではないでしょうか。


「古いから良い」という訳ではないので昭和ブームが来た、という訳ではないことは確かです。


▼まとめ

・日販は8月23日、ショート動画SNS「TikTok」を活用した文庫本紹介キャンペーンを始めた

・集英社や小学館など出版社5社がそれぞれのTikTokアカウントから本の紹介動画を投稿

・購入者に占める10代の割合はフェア前より2倍以上高くなった


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え