「規制」はビジネスチャンス!身近な社会でも同じことが言えそうですね!アストロスケールさんの技術、凄いです!


 

https://newspicks.com/news/5846414/body/?ref=index

 

凄い技術です。


宇宙ゴミ「デブリ」に関する日本企業についての記事です。


私も宇宙ゴミ「デブリ」の話題は聞いたことがありますが、現在、相当深刻な状況になっているようですね。


地球環境が悪化し住めなくなる可能性がある、だから火星含めた地球外に移住する計画を立てていますが、その宇宙すら汚してしまうのですから、人間はさすがですね。。。


と思う反面、天気情報や位置情報など、普段我々が利用しているサービスの多くがGPSを利用しており、宇宙開発の恩恵を受けています。


つまり、非常に我々にとって身近な問題であるということです。


さて、アストロスケールさんの岡田社長、熱いお話でした。


今まで放置された理由として


「技術がなければ、ルールは作れないからです。」


とのこと、腹落ちしました。


かつて、オゾン層がフロンガスによって破壊されていましたが、フロンガス排出防止のための条約が結ばれたのも、「代替フロン」という技術が開発されたからとのことです。


つまり、そもそもデブリを除去する技術がないため、技術を作れば各国間で協議されデブリ問題に対する対策がなされるわけです。


宇宙ゴミ「デブリ」の除去について、Googleに情報がないため「専門家巡り」をから始めた岡田さんの話、本当に勉強になりました。


▼アストロスケール

https://astroscale.com/ja/


▼まとめ

・株式会社アストロスケール

・今、宇宙はゴミだらけ、残骸は1億個

・背景は衛星が増えたこと

・宇宙開発の大人の思惑でデブリに関しては目を背けてきた


「規制ができたら勝ち」とのこと、期待しかない分野ですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛