「難聴者」に音を届けるまでのストーリに感動!「商材→商品」に変わるプロセスに心を打たれました。。。

更新日:2021年3月2日


 

https://newspicks.com/news/5400725/body/?ref=index

 

感動しました。。。


私もメイクマネーという番組を見ていた一人です。


「音量」ではなく「音質」に目を向け製品化されるまでの過程で、点が線となり面になっていくストーリーに惹かれます。


『お父さんがcomuoonで話しかけたら、娘さんが泣き出してしまった。「生まれて初めてパパの声を補聴器なしで聞けた」と。

もう親御さんも私たちも号泣しました。工場のメンバーも「絶対にいいものを作る!」とそれまで以上に奮起してくれましたね。』


商材はニッチでエッジが効いていますので、ある程度商品化は進んだのかもしれませんが、上記のようなエピソードがあってこそ「商材→商品」に変わるものだと改めて思わされました。


▼まとめ

・商品「comuoon」

・聞き取りやすさを左右したのは「音質」

・明瞭度が低いまま音量をいくら大きくしても、言葉を聞き取りやすくはならない

・コロナ禍でリモートが増えたことにより“聞こえ”に対する人々の意識が劇的に変わった

・クレドへの共感を大事にしている


耳が完全に聞こえない「ろう者」にも音が届けられる日が来ることを切に願います。


-----------

ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社

代表取締役 中石 真一路 さんのお話でした。

-----------


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し