「難聴者」に音を届けるまでのストーリに感動!「商材→商品」に変わるプロセスに心を打たれました。。。

更新日:2021年3月3日


 

https://newspicks.com/news/5400725/body/?ref=index

 

感動しました。。。


私もメイクマネーという番組を見ていた一人です。


「音量」ではなく「音質」に目を向け製品化されるまでの過程で、点が線となり面になっていくストーリーに惹かれます。


『お父さんがcomuoonで話しかけたら、娘さんが泣き出してしまった。「生まれて初めてパパの声を補聴器なしで聞けた」と。

もう親御さんも私たちも号泣しました。工場のメンバーも「絶対にいいものを作る!」とそれまで以上に奮起してくれましたね。』


商材はニッチでエッジが効いていますので、ある程度商品化は進んだのかもしれませんが、上記のようなエピソードがあってこそ「商材→商品」に変わるものだと改めて思わされました。


▼まとめ

・商品「comuoon」

・聞き取りやすさを左右したのは「音質」

・明瞭度が低いまま音量をいくら大きくしても、言葉を聞き取りやすくはならない

・コロナ禍でリモートが増えたことにより“聞こえ”に対する人々の意識が劇的に変わった

・クレドへの共感を大事にしている


耳が完全に聞こえない「ろう者」にも音が届けられる日が来ることを切に願います。


-----------

ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社

代表取締役 中石 真一路 さんのお話でした。

-----------


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛