「音声コンテンツ」と「働き方改革」のコラボ!?人によっては一度利用を始めたら止められなくなりそうですね!


https://this.kiji.is/741135406033059840?c=113147194022725109


記事を読んだら分かる面白さでした。


簡単に表現するなら「音声コンテンツ×マッチング×目覚まし時計」でしょうか。


モーニングコールを「する側」は、自分のコアなFANを囲い込める。「される側」は苦手な早起きを克服できる。だからWIN-WINの関係だということです。


想像していた以上に、堀口さん(代表)がモーニングコールに対しての思い入れがあることと、「朝の目覚める瞬間だけ誰とも繋がれていないせいで無意識のうちに孤独からくる強烈なネガティブな思考や不安のため朝起きれない痛みにつながっている」という科学的なロジック?があることに驚きました。


「モーニングコールをかける側」にどのくらいインセンティブが入るかは不明ですが、コアなFANなら目覚ましとしてではなく、普通に時間指定して電話を受けたい人の利用も増えそうですね。


注目の音声コンテンツと働き方改革のコラボ感、絶妙にきそな感じもします。


▼まとめ

・モーニングコールのプラットフォームアプリ「moneep(モニープ)」

・心地の良い朝の目覚めを手伝ってくれるアプリ

・寝る前にmoneepアプリ内で起こしてほしい人と起きたい時間帯を設定

・相手とマッチングできればモーニングコールを受けることができる

・1分間の通話


好きな漫画の主人公の声で起こしてくれる目覚まし時計って今も売ってるのですかね??


私、早起きなので起こす側で登録してみようかな。


-------------------

アプリを開発している会社

株式会社moneep

堀口凌佑代表取締役CEO

-------------------


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え