「食品ロス抑止」のECサイト「トクポチ」、とても良い取り組みです~!


https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2105/24/news037.html


おぉ、これは流行るかもしれませんね。


STRK(滋賀県東近江市)さんが賞味期限の近い食品などを市価の6~10割引きで販売する月額会員制のECサイト「トクポチ」を発表した、という記事です。


直感的にスケールしそうな予感がします。


①クラウド上のみで完結する

食品卸会社と顧客の間に入りますが、卸の在庫管理や顧客との売買など、全てオンラインのみで完結できます。つまり、売上がスケールしても比例して人件費やその他経費を増やす必要がない。


②値引きされるタイミングが把握できる

答えを見せちゃうパターンです。例えば、服のGUの商品は必ずあるタイミングで値引きされます。値引きまで待つと売り切れる可能性もあるため、買いたい商品をこまめにチェックするようになります。そして、こまめにチェックしている人に向けて新作を見せていくと、別の服を追いかけ始めます。つまり、値引きのタイミングが明確なため、サイトの訪問頻度が上がります。


③間接的に顧客が価格の決定権も持つことで適正価格で販売できる

店舗側が一方的に「80%引き」で販売した場合、本来は「60%引き」でも買った顧客が20%安く買うことになります。つまり、20%分無駄に値引くことになります。心理的にはオークションの逆回転ですね。(リバースオークションではありません)顧客に一部決定権を持たせることでハマる可能性があります。


①~③に加えて建てつけは「SDGs」でサブスクモデル。


ビジネスモデルが優秀ですね。


▼まとめ

・月額会員制のECサイト「トクポチ」を発表

・商品は食品卸会社の在庫などから調達し、食品ロスの削減につなげる

・レトルト食品や菓子類、サプリメント、調味料などを販売

・4週間後には10割引き(0円)

・会費は一般会員が月額130円、販売価格からさらに2割引きとなる「プレミアム会員」が月額330円

・送料はユーザーが負担


今後が楽しみです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え