「食品ロス抑止」のECサイト「トクポチ」、とても良い取り組みです~!


 

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2105/24/news037.html

 

おぉ、これは流行るかもしれませんね。


STRK(滋賀県東近江市)さんが賞味期限の近い食品などを市価の6~10割引きで販売する月額会員制のECサイト「トクポチ」を発表した、という記事です。


直感的にスケールしそうな予感がします。


①クラウド上のみで完結する

食品卸会社と顧客の間に入りますが、卸の在庫管理や顧客との売買など、全てオンラインのみで完結できます。つまり、売上がスケールしても比例して人件費やその他経費を増やす必要がない。


②値引きされるタイミングが把握できる

答えを見せちゃうパターンです。例えば、服のGUの商品は必ずあるタイミングで値引きされます。値引きまで待つと売り切れる可能性もあるため、買いたい商品をこまめにチェックするようになります。そして、こまめにチェックしている人に向けて新作を見せていくと、別の服を追いかけ始めます。つまり、値引きのタイミングが明確なため、サイトの訪問頻度が上がります。


③間接的に顧客が価格の決定権も持つことで適正価格で販売できる

店舗側が一方的に「80%引き」で販売した場合、本来は「60%引き」でも買った顧客が20%安く買うことになります。つまり、20%分無駄に値引くことになります。心理的にはオークションの逆回転ですね。(リバースオークションではありません)顧客に一部決定権を持たせることでハマる可能性があります。


①~③に加えて建てつけは「SDGs」でサブスクモデル。


ビジネスモデルが優秀ですね。


▼まとめ

・月額会員制のECサイト「トクポチ」を発表

・商品は食品卸会社の在庫などから調達し、食品ロスの削減につなげる

・レトルト食品や菓子類、サプリメント、調味料などを販売

・4週間後には10割引き(0円)

・会費は一般会員が月額130円、販売価格からさらに2割引きとなる「プレミアム会員」が月額330円

・送料はユーザーが負担


今後が楽しみです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛