「3Dプリント」の技術が年々向上、人材不足には必要不可欠な技術ですね!


 

https://www.businessinsider.jp/post-231286

 

いかにもアメリカらしい取り組みですね。


住宅の材料をコンクリートではなくLight Stone Materialに変えることで環境に負担を掛けないんですね。


まず、セメントは製造するときに、大量の二酸化炭素を放出しているとのことです。

https://yumenavi.info/lecture.aspx?GNKCD=g007112


それに比べてLight Stone Materialは製造時に二酸化炭素の排出が少なく、3Dプリンターの活用で無駄な廃棄物を出さないということみたいですね。

https://news.ycombinator.com/item?id=24075077


今後、時代背景として一戸建てを作る職人さんの数も減ってきますので、こういった技術を活用する必要性は高まるのでしょう。


昔、近所の知り合いで腕の良い職人さんに家を建ててもらった方がいましたが、職人さんのこだわりが強く、全てを1人で建てるため完成まで1年以上かかった、という良き古き時代の話を思い出しました。


時代は変わっていくものですね。


▼まとめ

・マイティ・ビルディングスが建設

・ロボットと3Dプリントを使用

・カリフォルニア州ランチョミラージュにコミュニティを建設中

・界初の3Dプリントによる住宅の村になるという。

・建築の工程と出来上がった住宅は、従来よりずっと環境に優しい


3D資材を組みたてる作業、楽しそうで興味があります。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し