「Amazonでは返品時 keep it 、”返金のみ”の考え方が主流になりつつある」合理的ですが、エコではないです。


 

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2207/28/news033.html

 

なるほどですね。


Amazonで返品が必要になった場合、返品せずに返金するという「keep it」が新しい返品方法だという記事です。


先日、Amazonで注文した日用品一式の1つが破損し中身が漏れていました。


その1品の商品交換を求めたところ、追加料金なしで、全品再送となりました。


それだけ、返品コストや管理が大変なんだろうと感じたところでした。


合理的に考えれば「keep it」は間違いない判断ですが、あとは悪用する人の対策のみですね。


アメリカでは理由が必要なく返品が自由であれば、それこそ10回に1回くらい現金返品を申し出ても違和感はないのかもしれません。


となると、回数で縛るのは少し難しいかもしれません。


まぁ、数百円の商品が対象だと思いますので、顧客側も悪用する人は限りなく少ない気もしますが。


また、場合によっては過剰消費を促すことに繋がるので、エコではないですね。


「合理的」は時に「自己的」になりますので、今後の流れがどうなるのか楽しみです。


勉強になります。


――――――――――――――――――――

▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/

――――――――――――――――――――

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり