「LINEでごみの見える化」対処療法から根治療法に切り替えるには見える化が一番です。(ビジネスもしかり)


 

https://www.asahi.com/articles/ASQ6374BVQ5VPLZB019.html

 

へぇ~面白い取り組みですね。


京都府亀岡市がソフトバンクと連携し「ごみ投稿アプリ」を開発した、という記事です。


「見える化」をすることで「ごみのポイ捨て」に対する意識が上がり、捨てる人が少なくなる。


加えて、アプリを利用した撮影者が拾う。


結果ゴミが少なくなる、というロジックのようです。


恐らく、根本的にはごみの落ちている場所のデータから、落ちている原因を突き止めて根治していくのでしょう。


とあるローカルエリアで毎週ゴミ拾いを実施しているチームがありますが、特定の駅回りの狭い範囲にも関わらず、毎週ゴミが発生しています。


大半は意図的に捨てられているような気がしますが、根本原因を突き止めると、改善する方法が見つかるかもしれません。


改善方法が見つかれば、「拾う」という対処療法から根治療法に切り替えることができ、本来の「きれいな街づくり」が実現できるかもしれません。


にしても、ポイ捨て人として止めてほしいですよね。。。


勉強になります。


――――――――――――――――――――

▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/

――――――――――――――――――――

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり