【朝配】サムスンの家事ロボットの進化が凄い!最先端技術が収束する時代ですので「あっ」という間に生活は変化していきます。


 

https://www.gizmodo.jp/2021/01/samsung-jetbot90-ai-plus.html

 

昔の記事ですが、サムスンがなんか凄そうです。


ロボット掃除機だけでなく、皿洗いなどまで出来る「家事ロボット」も開発しているようです。


▼家事ロボット

 

https://www.businessinsider.jp/post-227829?itm_source=article_link&itm_campaign=/post-229312&itm_content=https://www.businessinsider.jp/post-227829

 

過去のロボット掃除機が9万円前後ですので安くはないですが、普及さえすれば価格の壁は高くなさそうですね。


▼まとめ

・マップを作成して最も効率的な掃除ルーティーンを計画してくれる

・立ち入り禁止ゾーンを指定可能

・アプリで遠隔管理可能

・カメラを使用して家のなかのライブフィードを取得可能

・過去のトップクラスのロボット掃除機が約900ドル(約9万4000円)


食洗機やディスポーザー(マンションの場合)は家を設計する際に最初から組み込まれていますよね。


近い将来、家を買う条件として家事ロボットが稼働しやすい設計が考慮されていることが求められそうですね。


もしくは、自宅を購入する際、デフォルトで家事ロボットが設置されることも予想されます。


SNSの世界はクラブハウスやDispoの登場で時代が一気に変化しています。同じように、家事の世界も間違いなくハイスピードで移り変わりますね。


▼Dispoについてのまとめ

 

https://note.com/tomoya0725/n/n7c642f8e4336

 

荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し