【朝配】サムスンの家事ロボットの進化が凄い!最先端技術が収束する時代ですので「あっ」という間に生活は変化していきます。


 

https://www.gizmodo.jp/2021/01/samsung-jetbot90-ai-plus.html

 

昔の記事ですが、サムスンがなんか凄そうです。


ロボット掃除機だけでなく、皿洗いなどまで出来る「家事ロボット」も開発しているようです。


▼家事ロボット

 

https://www.businessinsider.jp/post-227829?itm_source=article_link&itm_campaign=/post-229312&itm_content=https://www.businessinsider.jp/post-227829

 

過去のロボット掃除機が9万円前後ですので安くはないですが、普及さえすれば価格の壁は高くなさそうですね。


▼まとめ

・マップを作成して最も効率的な掃除ルーティーンを計画してくれる

・立ち入り禁止ゾーンを指定可能

・アプリで遠隔管理可能

・カメラを使用して家のなかのライブフィードを取得可能

・過去のトップクラスのロボット掃除機が約900ドル(約9万4000円)


食洗機やディスポーザー(マンションの場合)は家を設計する際に最初から組み込まれていますよね。


近い将来、家を買う条件として家事ロボットが稼働しやすい設計が考慮されていることが求められそうですね。


もしくは、自宅を購入する際、デフォルトで家事ロボットが設置されることも予想されます。


SNSの世界はクラブハウスやDispoの登場で時代が一気に変化しています。同じように、家事の世界も間違いなくハイスピードで移り変わりますね。


▼Dispoについてのまとめ

 

https://note.com/tomoya0725/n/n7c642f8e4336

 

荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛