【朝配】銚子電鉄のぬれ煎餅に基づく「諦めない経営哲学」には赤字を乗り越えるヒントが沢山!「日本一のエンタメ鉄道」です。


 

https://newspicks.com/news/5592469/body/?ref=business&a=QIqxiaSUsM0qRrYUw8yY4c2X4wsN6R3LsGkC2hyZ4PufIJYQEKyLH6ZWOfinhkd2u06IQvy%2FHESk3QVm7RSL4c%2BQ%2BWN4SgBPYblr%2FL6Ijon4xYILpgygtzJmu%2FXzdiHN8tGm1wexbYCxELKujJuE03IwiXnLhoQi8QDPfsByzgAMDdSkbJV2P82J%2FDeMBJZFB2Vv%2BKq61j2DVyNRzy9iEK87kiLbgDNiNGxg%2FXz8vu4NmWWa7%2FSAGfjFyKO8UX3aXXH87IYB5VULZFGmrfTtMalbToUOcHGKMTuMD2QVSh8XblRwvp4viMZou3eViCVn1hueLKZ7W1LNn6Otz1x4JnSQ%2BNbZf%2F%2F7MsXCpwG97ZOWQJpzXZZjE68hq6zMX1Mr

 


昔から活躍は知っていましたが、私も同じ千葉県企業として見習うべき点が多々あります。


千葉県、またはローカルエリアででビジネスをする上で是非知っておきたい哲学です。


赤字企業の経営は腹をくくれるか否かにかかっています。


▼哲学

「リスクテイカーとしての覚悟」

「諦めない覚悟さえあれば何でもできる」

「”諦めない”と口にするのは簡単だが行動で示さないと意味がない」

→経営者は、覚悟さえあれば何でもできる


▼商品

・スナック菓子「まずい棒」(※経営が「まずい」に由来)

・レトルトカレー「鯖威張るカレー」(※経営が「サバイバル」に由来)

・「線路の石」

・音楽配信サイトで「踏切音」を配信

・2015年には駅名愛称のネーミングライツを開始


▼まとめ

・ぬれ煎餅やまずい棒など食品事業で8割の売上

・つまり、鉄道事業の赤字を補填するために食品事業を成長させる必要がある

・「日本一のエンタメ鉄道」を目指している


▼ECサイト

http://chodenshop.com/


※社長の手作りサイト


「電車屋なのにもう“自転車操業”」


私も出資しようかなと思いました。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛