いろんな意味で紙面市場はブルーオーシャン化しつつありますね。


 

https://nordot.app/850117065285615616?c=113147194022725109

 

まぁそうですよね。


アメリカの有力紙は買収により記者の数が1/3に減ったという記事です。


結局ニーズがなければ廃れていきます。


「記者、編集者」の価値も落ちています。


例えば、ひと昔前は戦場カメラマンが命を懸けて現場に飛び込まなければ得られなかった写真や情報も、ドローンが飛んで撮影したり現地の人がSNSで発信すればリアルタイムに情報を得ることができます。


新聞を待つ必要がありません。


あとは、可処分時間の奪い合いになります。


スマホの登場により面白いコンテンツが増えたため、面白い紙面記事を書いたとしても、「待たる」という行為を覆すだけの面白さを提供するのは難しいのではないでしょうか。


マネタイズの方法も考えなければですね。


そういった意味ですと、紙面はブルーオーシャン化しつつありますね。


勉強になります。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/


▼ローカルビジネスの研究所 ~がやてっく開発室~

https://note.com/gayatec/m/m4b74eb72a919


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://newswitch.jp/p/34845 なるほどですね。 ペーパレス化の影響で印刷会社は既存の案件が減り続けているため、新規案件が獲得できるよう、メーカー側がいろいろ開発しているという図ですね。 デジタル印刷は印刷全体で約10%のシェアしかなく、そこを掘っていく流れです。 メーカー側もニッチな需要を狙っているかと思いきや、印刷業界の流通額が結構大きいのですね。 19年の国内の印刷

https://www.jprime.jp/articles/-/26011 無人餃子の店舗展開は早かったですね。 損益分岐点が低いため、多少万引き等されても問題ないのでしょう。 お肉の無人販売所は「副業」の視点で損益が組まれています。 年収400万の会社員が副業で毎月10万、年間120万稼げたら、最高です。 そもそも1店舗あたりの利益をたくさん捻出するビジネスモデルではないため、より多店舗展開が

https://www.hotosena.com/article/14776669 どこまで真面目な話だとかと読み進めましたが、どこまでも真面目な話でした。 東京都立多摩科学技術高等学校の生徒が、校舎を都心部へ移動させたいという想いから校舎を押し始めたようです。 現状では近くの電車の揺れで電子機器を利用できない、など理由は至って真面目。 また、「正攻法に嘆願書を学校に提出しても効果はない、まずは生