お中元関連は売上が右肩上がり!フードロスを削減しながら、新感覚の風味を楽しめるビールが登場!


https://www.sankei.com/article/20210721-IKCC7CKXPVNKVFA5SAKK7R55CI/


へぇ~いろいろな取り組み方があるものですね。


コロナ禍で廃棄となる果物を活用して作ったお中元ビールに関しての記事です。


こういった記事を読むたびに、普段話題になっている観光業や飲食業以外でも大きくダメージを受けている業界もあることを痛感します。


ところで、私は小売業界から抜けてからお中元を贈っていないため、最近のお中元事情を知りたくなり調べてみました。


予想としては下降していると思っていましたが、予想通り下がっていました。


2019年までは。


実は、コロナ禍において2020年は増加傾向、お中元を含めた贈り物関連は今も右肩上がりにあるようです。


文化としては衰退しているのでしょうが、帰省が難しくなってしまったため、その代わりにモノを送る人が増えたようです。


そういった意味では今回の記事にあるように、厳しい業界を好調な業界が助けるって良い取り組みですね。


地元の食材を利用しているような飲食店はギフト関連に進出するのも面白そうですね。


▼まとめ

・阪急百貨店と大阪のビール醸造会社が共同開発

・フードロスを削減しながら、新感覚の風味を楽しめるビールのセット

・コロナ禍で行き場のなくなった食材を有効活用

・「心で味わうクラフトビールセット」はオレンジとアンズ、イチゴ、そしてエゴマの風味をそれぞれ楽しめる


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

状況が明確になれば一つずつ対処し未来を作ることに集中していきましょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2230G0S1A920C2000000/?unlock=1 リアルな数字が出ました。 コロナ禍で4.5万件の飲食店が閉店したという記事です。 政府の対応が飲食店に対して極端だったように個人的には感じますが、時代によって生き残る産業と生き残れない産業があります。 コロナ禍以降、飲食店のニーズが減れば、市場は縮小し、飲食店

「良いものは売れる」という時代はとっくに終わり、クオリティ以外の部分を描いてビジネスができるかどうかが重要です。

https://www.businessinsider.jp/post-243858 へぇ~すごく面白い取り組みですね。 4人の女性が移動しながら宿泊できる2階建てバスをリノベーションし、旅行プランナーとして商売を始めたという記事です。 内装からなにから全て4人で手掛けて行ったようですが、バス内を写真で見る限り、クオリティがかなり高いです。 人件費がかからないとはいえ、そこそこ投資は必要だったので

マクドナルドの強みは常に先行利益を獲得し続けている部分であり、代替肉分野に関しても同じことが起こるのでしょう。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101500169&g=int 少しずつ進んでいるようですね。 米マクドナルドで代替肉バーガーが試験販売されているという記事です。 代替肉バーガーの試験販売はもうだいぶ前から行われていますが、本当にゆっくり進めていますね。 というより、将来を見据えて着実に進めているという感じでしょうか。 例えば、モスバーガーやロッテリア、