きました「サーキュラー食品」!「循環型スイーツ」は純粋に美味しそう!



とうとう出てきましたね、サーキュラー商品。


循環型スイーツってそこそこインパクトがあり響きですね。


渋谷肥料代表の坪沼敬広さんが取り組んでいるとのことです。


今はコロナ禍のため「テイクアウト」も今後実施するかと思われますが、テイクアウト用の包装資材関連や机やイスなどもサーキュラー化できるとスケール感が増しそうですね。


協業したい企業も多そうですし。


▼サーキュラーエコノミー

https://note.com/tomoya0725/n/n0ac7bbd88c86


▼まとめ

・環境にも配慮した循環型のスイーツが渋谷スクランブルスクエアで生まれた

・紅はるかとレーズンバターを挟んだサツマイモのマカロンは、渋谷生まれのあるものを使用

・同会社は渋谷で出た生ごみから独自で肥料を作り、その肥料から育てたハーブをせっけんやコーラに活用するプロジェクトも進めている


▼渋谷肥料 代表 坪沼敬広 さん

https://www.fnn.jp/articles/-/161833


坪沼さん、以前から循環型社会の取り組みをされていらっしゃったんですね。


先陣を切って走る方を尊敬します。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し