どんな業界にもイノベーションの爪痕があるものです!


 

https://www.lmaga.jp/news/2021/09/333653/

 

へぇ~ダイドーさんの自動販売機がそんなに優位だったんですね。


ダイドーの自動販売機が売上シェアが8割あり、非常に愛されているという記事です。


正直、自動販売機でほとんど購入しませんが、過去購入した記憶を辿ると、たまたまそこにあっただけだったような気がします。


ただし、私のような人間はペルソナから完全に外れているため、考える必要ないのでしょう。


自販機をヘビーに利用している方からすると、同じ距離にある自販機のうち、どちらかで購入する選択が発生した場合に、優位性があるということでしょう。


確かに、毎日利用する中で、顔認証が利用できたりしゃべったりされると愛着が湧きそうです。


加えて当たり付きとなると、同じような商品(お茶とか水とか)を購入する場合、当たりつきの方が魅力がありそうですね。


上記を計算して自販機のイノベーションに取り組んでいるとしたらあっぱれです。


ちなみに、私のマンションにある自販機を確認したら、ダイドーでした、笑


今度購入してみます。


▼まとめ

・国内飲料事業における売上の8割以上をダイドー自販機が占めている

・「ルーレット付き自販機」「しゃべる自販機」などがある

・自販機を「エンタテインメント」にする


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/94907?imp=0 メモ程度に。 時代はググるからトクるへ変わっていくという記事です。 最終着地としては ・ググる(Google) ・タグる(Instagram) ・トクる(TikTok) の3層に分かれるということです。 30代あたりだと「そりゃそうだよね」という話ですが、50代以上ですと「Google以外の検索」が世

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ