むむむ!自動車のEV化についてTHEど真ん中な意見に、THEど真ん中なマクロ経済視点をぶつけてみました。


 

https://www.webcartop.jp/2021/09/774279/

 

おぉ、この記事はTHEど真ん中な意見の記事ですね。


EVがそこまで必要なのか、永久凍土が解け続けているのでEVは必要ではないか、という記事です。


周知の補足ですが、EV車を作る過程でCO2が大量に作られます。


EVと水素を利用したハイブリット車、両者が寿命を迎えた際、CO2の排出量がどちらが高いかははっきりとしていないですよね。


そこはさておき、今後はEVが中心となることは間違いないでしょう。


私もこの年齢までビジネスを俯瞰しているとなんとなく分かってきました。


企業が生き延びるためにはお金が必要ということです。


企業は市場のスケールが見えている分野にはお金を投資します。


つまり、EV市場が車産業の市場を握ったため、環境の良し悪しの次元ではなく多くの企業がお金を投資することになります。


例えば、「新聞」でいうならば、デジタル上で新聞を扱っている会社(成長し続けている)とリアルに配布している(後退し続けている)会社があった際、どちらにお金が流れるでしょうか。


答えは明白です。


その流れを国民にとってより良い方向に導くのが政治の役割です。


その政治が世界的にEV側となっていますので、もうこの流れから後戻りはできないでしょう。


そして、結果的に車からのCO2は「0」にできても、CO2の規制がかかっていない分野でCO2が排出される構造が出来上がるのかもしれません。


むむむですが、上記を踏まえて自分がどう生きていくかの定義付けをしっかりとしたいものです。


▼まとめ

・欧州では、企業平均値としての二酸化炭素(CO2)排出量を制限している

・日本ではいまだガソリン車とHVが併売されており、消費者の志向が大きく変わっていない

・CO2排出量を抑えて温暖化を防がないと生きることさえ苦難になる時代になりかねない


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news028.html へぇ~面白いですね。 一度廃れた焼き芋が再度ブームになっているという記事です。 過去にブームってありましたっけ?笑 まぁ、それは別としても、今は専門店が増えていることは事実ですよね。 知り合いのお店には店頭で簡単に販売できる機材を揃えており、限定で50本くらい作って確実