コミック市場の「アーカイブ」も凄い!「毀鬼滅の刃」の効果に加えて、WEBから紙の誘導方法が理にかなっています!


https://gendai.ismedia.jp/articles/-/81015?page=3


へぇ~そういうことなんですね。


単純に鬼滅の刃と巣ごもり需要で電子書籍伸びているだけかと思っていました。


結果的に

・電子書籍は前年比31%増の3420億円

・紙のコミックス(単行本)と漫画誌を合わせた推定販売金額では13.4%増の2706億円

となっています。


普通、電子が伸びれば紙が減り、トータル額は同じ、もしくは人口減により売上は減少、という流れが普通です。


実際、日経新聞の売上も2015年以降、ぐずついています。


▼日経新聞の売上推移





しかし、結果的に紙の売上が10%以上伸びることでトータルの売上を大きくけん引しています。


要因として漫画は「コレクション」と「アーカイブ」の掛け合わせが効いているのかと思います。


まず、単純に好きなアニメのグッズってほしいですよね。だからリアルな本をコレクションしたくて買いたい。


また、小説や新聞は作品としては1冊読み切りのため過去や将来が気になりません。(小説は作者が気になる場合がある)


ですが、漫画は1冊では終わりません。続きが読みたくなります。加えて鬼滅の刃の映画を見て「おもしろい」となれば、1巻から読みたくなります。


リアルな本として過去の作品が残っているため、まとめて全巻買うという大人買いができます。


アプリの作りも、上記の方向に流れるよう仕掛けられていることとのことです。


▼まとめ

・2020年のコミック市場の推定販売金額は6126億円

・25年ぶりに最高額を更新

・マンガアプリで「話売り」を導入している

・「マンガを読む」ことが多くの人の1日のサイクル、1週間のサイクルに組み込まれる


私はアニメを全然読まないのですが、鬼滅の刃は全巻読んでしまいました。。。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え