コミック市場の「アーカイブ」も凄い!「毀鬼滅の刃」の効果に加えて、WEBから紙の誘導方法が理にかなっています!


 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/81015?page=3

 

へぇ~そういうことなんですね。


単純に鬼滅の刃と巣ごもり需要で電子書籍伸びているだけかと思っていました。


結果的に

・電子書籍は前年比31%増の3420億円

・紙のコミックス(単行本)と漫画誌を合わせた推定販売金額では13.4%増の2706億円

となっています。


普通、電子が伸びれば紙が減り、トータル額は同じ、もしくは人口減により売上は減少、という流れが普通です。


実際、日経新聞の売上も2015年以降、ぐずついています。


▼日経新聞の売上推移





しかし、結果的に紙の売上が10%以上伸びることでトータルの売上を大きくけん引しています。


要因として漫画は「コレクション」と「アーカイブ」の掛け合わせが効いているのかと思います。


まず、単純に好きなアニメのグッズってほしいですよね。だからリアルな本をコレクションしたくて買いたい。


また、小説や新聞は作品としては1冊読み切りのため過去や将来が気になりません。(小説は作者が気になる場合がある)


ですが、漫画は1冊では終わりません。続きが読みたくなります。加えて鬼滅の刃の映画を見て「おもしろい」となれば、1巻から読みたくなります。


リアルな本として過去の作品が残っているため、まとめて全巻買うという大人買いができます。


アプリの作りも、上記の方向に流れるよう仕掛けられていることとのことです。


▼まとめ

・2020年のコミック市場の推定販売金額は6126億円

・25年ぶりに最高額を更新

・マンガアプリで「話売り」を導入している

・「マンガを読む」ことが多くの人の1日のサイクル、1週間のサイクルに組み込まれる


私はアニメを全然読まないのですが、鬼滅の刃は全巻読んでしまいました。。。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://newswitch.jp/p/34845 なるほどですね。 ペーパレス化の影響で印刷会社は既存の案件が減り続けているため、新規案件が獲得できるよう、メーカー側がいろいろ開発しているという図ですね。 デジタル印刷は印刷全体で約10%のシェアしかなく、そこを掘っていく流れです。 メーカー側もニッチな需要を狙っているかと思いきや、印刷業界の流通額が結構大きいのですね。 19年の国内の印刷

https://www.jprime.jp/articles/-/26011 無人餃子の店舗展開は早かったですね。 損益分岐点が低いため、多少万引き等されても問題ないのでしょう。 お肉の無人販売所は「副業」の視点で損益が組まれています。 年収400万の会社員が副業で毎月10万、年間120万稼げたら、最高です。 そもそも1店舗あたりの利益をたくさん捻出するビジネスモデルではないため、より多店舗展開が

https://www.hotosena.com/article/14776669 どこまで真面目な話だとかと読み進めましたが、どこまでも真面目な話でした。 東京都立多摩科学技術高等学校の生徒が、校舎を都心部へ移動させたいという想いから校舎を押し始めたようです。 現状では近くの電車の揺れで電子機器を利用できない、など理由は至って真面目。 また、「正攻法に嘆願書を学校に提出しても効果はない、まずは生