コンビニの「売価還元法」は闇ではない!元コンビニ社員だけに気になる話題です~!


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210412/k10012969171000.html


コンビニで値引き販売する場合、そんなに複雑な手続きが必要だったのですね。


まぁ確かにルールもなく価格が自由に設定できると、店舗独自で「おにぎり50円セール」とかできるわけで、そうなるとフランチャイズパッケージがプチ崩壊しますね。


ただし、値引きをすると加盟店も収益が落ちます。


「廃棄ロスは加盟店負担だから」という声もありますが、そもそも仕入原価は加盟店が全て支払います。(商売をやる以上、当たり前ですよね)


コンビニ会計上、「支払うフロー」が少しややこしいということでしょうか。


コンビニの在庫管理は「売価還元法」を導入しており「売価還元法」の仕組みを理解する必要がある、という話になります。


売価還元法を採用しているため、仮におにぎりを「0円(100%値引)」で販売した場合、「売価還元率」が上がるため、その他の廃棄金額評価が上がってしまいます。


仮)極端な例(在庫に対して)


売価在庫:100万 原価在庫:70万 (還元率:70%)


▼パターン①


廃棄売価 30万 還元率70%=廃棄原価21万円(加盟店負担)

→原価在庫:70万ー21万=49万

(廃棄原価21万+原価在庫49万=加盟店の支払原価70万)


▼パターン②


※廃棄前に廃棄原価1万円分を売価「0円(100%値引き)」で販売した場合


廃棄売価 29万 還元率70%=廃棄原価20.3万円(加盟店負担)

→原価在庫:70万ー20.3万=49.7万円

(廃棄原価20.3万+原価在庫49.7万=加盟店の支払原価70万)

パターン②は「0円(100%値引き)」で販売するため、目先の廃棄ロスは減りますが、原価在庫が多く残り還元率が上がります。(もちろん売価に対しての処理も必要になります。)


つまり、加盟店が清算しなければならない原価は売価をいくらに設定しても「同じ」、値下げ分だけ「本部、加盟店」共に利益が減るのです。


当たり前ですが、値引き率50%で販売した場合も支払うべき原価「70万」は変わりません。(売上分だけ利益は増えます)


売価還元法を利用する限り1品ごとでの廃棄金額の概念は意味を持ちません。

常に、売価在庫に対して原価は還元率で算出されますので。。。


ただし、原価の支払いを「先に払っている」という感覚になるため、不満を持たれる方が多くいらっしゃいます。


コンビニ本部社員が現場で説明できない場合がほとんどですが。


コンビニの会計面で「闇」はありません、ただ「売価還元法」を利用しているだけです。


上記含め環境にも加盟店にも優しい対策ができることを切に願います。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え