サイゼリヤさんは柔軟な思考で「自動配膳ロボ」を導入です!「0→100」ではなく、会社理念に合わせた導入方法、勉強になりました!


https://www.businessinsider.jp/post-235521


今年、来年で一気に加速しそうですね。


サイゼリヤさんが自動配膳ロボを導入することに関する記事です。


今年4月にキャッシュレス対応を進めましたが、今度は配膳ロボの導入とのことです。


現在は千葉県の1店舗で実験、今後拡大予定。


飲食業には「配膳」と「下げ善」、つまり「お客様へ料理を持っていく作業」と「お客様のお皿を片付ける作業」があります。


サイゼリヤさんは「配膳」のうち、厨房からお客様のテーブルの1歩手前まで運び、最後は従業員がテーブルに置くスタイルです。


そして、「下げ善」にフル活用するとのことです。


確かに、私の嫁は「作る=配膳」は好きですが、「片付ける=下げ善」は大っ嫌いですべて私がやっています。


ちなみに、私は皿洗いや厨房関連の清掃は好きなのですが、笑

(昔の厨房アルバイト、楽しかったなぁ)


つまりは、サイゼリヤさんは「0→100」の話ではなく、「おもてなし」を大事にしつつロボの活用を進められている、ということです。


コロナ後、急に柔軟に対応し始めたイメージが強いですが、こういった企業は生き残りそうですね。


勉強になります。


▼まとめ

・外食大手のサイゼリヤは、2021年2月からソフトバンクロボティクスの配膳

・運搬ロボット「Servi(サーヴィ)」を本格導入

・正式導入しているのは千葉富士見店の1店舗

・年間50店舗ほどを「配膳ロボ導入店舗」化することを検討

・主因はあくまで「人手不足と効率化にある」


サイゼリヤさんの今後の変革も楽しみになります。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ