スケールさせるときに大事なコトの一つは「当たり前のことをやりきる」ということです。


 

https://president.jp/articles/-/52062

 

なるほどですね。


テレビCMより費用対効果がいいため、銀のさらが紙のチラシを年3億枚配布しているという記事です。


確かに、銀のさらさんのメニューってものすごく美味しそうですし、厚めの紙質の印象はありますね。


今回の記事で改めて思ったことは「当たり前のことをやりきる大切さ」です。


銀のさらさんは後発組でしたが、「後悔させない宅配寿司」を目指す際、「メニュー表と実物の差」を小さくしたことでした。


それだけを徹底して業界No.1が取れたとデジタルマーケティング担当の渋谷さんは断言しています。


しかしながら、注文側からしたら、写真にある通りの商品が宅配されるって、当たり前のことですよね。


スケールさせるときに大事なコトの一つは「当たり前のことをやりきる」です。


勉強になります。


ーーーーーーーーーーーーーーー


▼ローカルビジネスの研究所 ~がやてっく開発室~

https://note.com/gayatec/m/m4b74eb72a919


▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛