データドリブンのワークマン、「履くだけで前に進む靴」の販売で会社がさらに前に進みそうです。


 

https://ampmedia.jp/2021/02/25/workman-bouncetech/

 

ワークマン、会社も大きく前に進んでいますね。


私はランニングをしていますが、最近ランニングを始める方で「服から靴までワークマンで全部揃えた」という割合が3割くらいです。


理由は圧倒的なコストパフォーマンスです。


例えば、シューズならメーカー品は安くても3,000円はかかりますが、ワークマンなら税込み1,900円で購入できます。加えて、なかなか走りやすいようで、、、次はワークマンシューズを検討しようと思っています。


そして、ワークマンはデータドリブンでもあります。


▼ワークマンのデータ至上主義の経営戦略に迫る

 

https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2012/16/news005.html

 

また、現在厳しい業界といわれる「アパレル業界」は、ファッション性重視のブランドが厳しそうですね。


ユニクロなど機能性や日用性が高いブランド、かつECに早期から取り組んできたブランドは今後も強そうです。


▼まとめ

・ワークマンは既存店632店、WORKMANPlus269店、#ワークマン女子1店の計902店を全国に展開する

・アウトドア・スポーツ用シューズは毎年売上を倍増させている

・「履くだけで前に進む靴」は初年度50万足を生産

・ハイバウンズ ドリブンソール 1,900円税込


「ドリブンソール」とう響き、ビジネスマンが好きそうですね。ネーミングも狙っているのでしょう。


今後も楽しみです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し