データドリブンのワークマン、「履くだけで前に進む靴」の販売で会社がさらに前に進みそうです。


 

https://ampmedia.jp/2021/02/25/workman-bouncetech/

 

ワークマン、会社も大きく前に進んでいますね。


私はランニングをしていますが、最近ランニングを始める方で「服から靴までワークマンで全部揃えた」という割合が3割くらいです。


理由は圧倒的なコストパフォーマンスです。


例えば、シューズならメーカー品は安くても3,000円はかかりますが、ワークマンなら税込み1,900円で購入できます。加えて、なかなか走りやすいようで、、、次はワークマンシューズを検討しようと思っています。


そして、ワークマンはデータドリブンでもあります。


▼ワークマンのデータ至上主義の経営戦略に迫る

 

https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2012/16/news005.html

 

また、現在厳しい業界といわれる「アパレル業界」は、ファッション性重視のブランドが厳しそうですね。


ユニクロなど機能性や日用性が高いブランド、かつECに早期から取り組んできたブランドは今後も強そうです。


▼まとめ

・ワークマンは既存店632店、WORKMANPlus269店、#ワークマン女子1店の計902店を全国に展開する

・アウトドア・スポーツ用シューズは毎年売上を倍増させている

・「履くだけで前に進む靴」は初年度50万足を生産

・ハイバウンズ ドリブンソール 1,900円税込


「ドリブンソール」とう響き、ビジネスマンが好きそうですね。ネーミングも狙っているのでしょう。


今後も楽しみです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛