ニッチなイシューを解決!こういった商材ほど特定の人に刺ささります!


 

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2108/19/news052.html

 

へぇ~面白いですね。


グラスゴー大学がスマートばんそうこうで傷口を監視できる技術を開発したという記事です。


正直、ペルソナが見えにくい気がしたのですが、定期的にばんそうこうを利用しなければならない方もいらっしゃり、特定の人にとっては貴重なアイテムとなるのでしょう。


定期的に利用する方にとっては、データがスマホに蓄積されていくことで、現状把握(重度)もでき、便利そうです。


ここから、様々な人の情報を集めれば新たな解決方法が見つかるかもしれません。


また、数日間利用した場合でも、バッテリー不要とのこと。


子供のころに考えずにばんそうこうを付け続けていたら化膿していた、みたいなこともあったので、うまく実用化できると意外なイシューも解決できそうで、ポテンシャルは高そうですね。


▼まとめ

・英グラスゴー大学の研究チームが開発した

・外傷の治癒具合をモニタリングできる“スマートばんそうこう”

・センサーによって患者の体温と傷口の状態を測定し、その結果をスマートフォンアプリでリアルタイムに表示、記録

・本体サイズは3×6cm。2種類のセンサー(温度センサーとひずみセンサー)やNFCタグなどをシリコンベースのフレキシブル基板上に搭載している


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり