ニッチな市場で参入障壁をコツコツ積み上げていくことは我慢の連続!「自動運転×3Dプリント」のダブルイノベーションはこれからスケールしていきそうですね!


 

https://jidounten-lab.com/u_local-motos-autonomous-3d

 

へぇ~Local Motors 凄いですね。


低速バス「Olli」を3Dプリントを活用し作るという記事です。


8割を3Dプリントで制作でき、自社工場内にプリンターを持っているとのことで、納期が大幅に短縮できているとのことです。


15年前の2007年から存続しているため、感覚的に時代がやっと追い付いてきたということでしょう。


ニッチな市場でコツコツと実績を積み上げ、結果参入障壁を作り上げておく戦略は我慢することも多かったでしょうが、あっぱれです。


▼まとめ

・Local Motorsは2007年設立の自動車メーカー

・低速自動運転シャトルバスの「Olli(オリー)」を開発

・3Dプリンティングはコンピュータに保存されたCADという設計ファイルから直接生産できる

・通常なら数年かかる新車両の開発も数カ月でこなせる

・すでにニューヨーク州立大学バッファロー校などと提携し、大学構内などで実際に運行されている


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛