ネスレ発「食品ロス削減ボックス」の設置でSDGsの取り組みを強化!フードロス問題の解決に貢献!


https://www.excite.co.jp/news/article/Mogumogunews_33793/


凄くシンプルな名称で分かりやすいですね。


ネスレが都内を中心に「食品ロス削減BOX」を設置しているという記事です。


料金は希望小売価格より10円~270円安い価格で、スマホで購入しワンタイムパスワードを利用して商品を取り出す仕組みです。


アメリアではすでに小売店で広がっています。

https://note.com/tomoya0725/n/n4132c180b78d


私はそもそも賞味期限内であればこだわらないタイプなので、普通に利用してしまいます。


捨てるものがお金に変わるだけでなく、ブランディング効果は間違いなくあります。


いつもながら思うのが、外資系というか海外の企業ってこういう取り組みほんと早いですねよ。


つまりは、こういった取り組みをしたほうがお金になるということの裏返しなのでしょう。


とにもかくにも、無駄に処分される食品が減ることは良いことですね。


▼まとめ

・ネスレ日本と、ベンチャー企業・みなとく(東京都港区)が実施

・食品ロス削減を目指した無人販売機「みんなが笑顔になる 食品ロス削減ボックス」を設置

・6月17日から全国5カ所で開始

・「キットカット」など納品期限超過のネスレ商品を購入できる

・スマホで完結


1人あたりの消費するお菓子の量は変わらないとすると、安く買えてしまうことで、物価が下がったりしそうですね。


スーパーの値引き価格ともどのように線引きするのか、いろいろ気になってきました。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え