ネスレ発「食品ロス削減ボックス」の設置でSDGsの取り組みを強化!フードロス問題の解決に貢献!


 

https://www.excite.co.jp/news/article/Mogumogunews_33793/

 

凄くシンプルな名称で分かりやすいですね。


ネスレが都内を中心に「食品ロス削減BOX」を設置しているという記事です。


料金は希望小売価格より10円~270円安い価格で、スマホで購入しワンタイムパスワードを利用して商品を取り出す仕組みです。


アメリアではすでに小売店で広がっています。

https://note.com/tomoya0725/n/n4132c180b78d


私はそもそも賞味期限内であればこだわらないタイプなので、普通に利用してしまいます。


捨てるものがお金に変わるだけでなく、ブランディング効果は間違いなくあります。


いつもながら思うのが、外資系というか海外の企業ってこういう取り組みほんと早いですねよ。


つまりは、こういった取り組みをしたほうがお金になるということの裏返しなのでしょう。


とにもかくにも、無駄に処分される食品が減ることは良いことですね。


▼まとめ

・ネスレ日本と、ベンチャー企業・みなとく(東京都港区)が実施

・食品ロス削減を目指した無人販売機「みんなが笑顔になる 食品ロス削減ボックス」を設置

・6月17日から全国5カ所で開始

・「キットカット」など納品期限超過のネスレ商品を購入できる

・スマホで完結


1人あたりの消費するお菓子の量は変わらないとすると、安く買えてしまうことで、物価が下がったりしそうですね。


スーパーの値引き価格ともどのように線引きするのか、いろいろ気になってきました。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり