ノントレー鶏肉販売は実は15年前から!スーパーサミットさんのサスティナブルな取り組みです!


 

https://withnews.jp/article/f0210504001qq000000000000000W07n10201qq000022954A

 

なぜ今更話題に感はありますが、よい取り組みを継続されていますね。


サミットさんの鶏肉販売はトレーを使用していないという記事です。


15年前から実施されていますが、Twitterで再度話題になったとのことです。


環境面やお客様の声もあり、100万円単位のノントレー包装機を導入しトレーなしを実現されているとのことです。


環境面もさることながら、お会計後にビニール袋に肉を移してトレーだけを捨てる方もいらっしゃいます。


商品を袋詰めする台の下に、トレーを直接捨てるため、夏場は悪臭や虫が湧くなど、定期的に問題になることがあります。


また、どこのスーパーも再利用のためにトレーを店頭で回収していますが、回収作業に対するコストと処分する費用を考えたら、数百万かけてノントレー包装機を導入した方が店舗側のコストも削減できそうですね。


ただし、牛肉や豚肉は見た目の問題もありなかなか難しいとのことです。


見た目のために環境を破壊していることが国民に周知されれば実現できそうですね。


▼まとめ

・関東地方で約120店舗のスーパーを展開する「サミット」がノントレー包装機を導入

・6割の店舗で、鶏肉を「トレー」ではなく、「袋詰め」で販売

・取り組みは実は15年ほど前にさかのぼる

・作業効率は落ちる

・トレー回収、処分を考えると最終的にはコストが見合うのでは


近所にサミットさん、ないんですよね~行ってみたいです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛