ノントレー鶏肉販売は実は15年前から!スーパーサミットさんのサスティナブルな取り組みです!


https://withnews.jp/article/f0210504001qq000000000000000W07n10201qq000022954A


なぜ今更話題に感はありますが、よい取り組みを継続されていますね。


サミットさんの鶏肉販売はトレーを使用していないという記事です。


15年前から実施されていますが、Twitterで再度話題になったとのことです。


環境面やお客様の声もあり、100万円単位のノントレー包装機を導入しトレーなしを実現されているとのことです。


環境面もさることながら、お会計後にビニール袋に肉を移してトレーだけを捨てる方もいらっしゃいます。


商品を袋詰めする台の下に、トレーを直接捨てるため、夏場は悪臭や虫が湧くなど、定期的に問題になることがあります。


また、どこのスーパーも再利用のためにトレーを店頭で回収していますが、回収作業に対するコストと処分する費用を考えたら、数百万かけてノントレー包装機を導入した方が店舗側のコストも削減できそうですね。


ただし、牛肉や豚肉は見た目の問題もありなかなか難しいとのことです。


見た目のために環境を破壊していることが国民に周知されれば実現できそうですね。


▼まとめ

・関東地方で約120店舗のスーパーを展開する「サミット」がノントレー包装機を導入

・6割の店舗で、鶏肉を「トレー」ではなく、「袋詰め」で販売

・取り組みは実は15年ほど前にさかのぼる

・作業効率は落ちる

・トレー回収、処分を考えると最終的にはコストが見合うのでは


近所にサミットさん、ないんですよね~行ってみたいです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

状況が明確になれば一つずつ対処し未来を作ることに集中していきましょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2230G0S1A920C2000000/?unlock=1 リアルな数字が出ました。 コロナ禍で4.5万件の飲食店が閉店したという記事です。 政府の対応が飲食店に対して極端だったように個人的には感じますが、時代によって生き残る産業と生き残れない産業があります。 コロナ禍以降、飲食店のニーズが減れば、市場は縮小し、飲食店

「良いものは売れる」という時代はとっくに終わり、クオリティ以外の部分を描いてビジネスができるかどうかが重要です。

https://www.businessinsider.jp/post-243858 へぇ~すごく面白い取り組みですね。 4人の女性が移動しながら宿泊できる2階建てバスをリノベーションし、旅行プランナーとして商売を始めたという記事です。 内装からなにから全て4人で手掛けて行ったようですが、バス内を写真で見る限り、クオリティがかなり高いです。 人件費がかからないとはいえ、そこそこ投資は必要だったので

マクドナルドの強みは常に先行利益を獲得し続けている部分であり、代替肉分野に関しても同じことが起こるのでしょう。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101500169&g=int 少しずつ進んでいるようですね。 米マクドナルドで代替肉バーガーが試験販売されているという記事です。 代替肉バーガーの試験販売はもうだいぶ前から行われていますが、本当にゆっくり進めていますね。 というより、将来を見据えて着実に進めているという感じでしょうか。 例えば、モスバーガーやロッテリア、