パクリが得意な会社は売上が見えると改善が止まりますが、焼肉きんぐさんは「お客様の小さな声」に耳を傾け、お客様の立場で行動していることが成功要因なのでしょう。


 

https://biz-journal.jp/2022/03/post_285049_2.html

 

なるほどですね。


焼肉きんぐがコロナ禍でも増収の理由は潜在的不満解消だという記事です。


お客様の立場になって考えられていることがポイントでしょう。


好調な業態の手法を丸パクリしてうまくやろうとする人もいますが、基本的に長く続きませんし、お客様は心の無さを感じるものです。


つまり、パクリが得意な会社は一度売上が見えてくると、そこからの改善が止まります。


物語コーポレーションはどういった仕組み化は分かりませんが、売上が上がっても「お客様の小さな声」に耳を傾け、お客様の立場で行動しています。


加えてイメージ戦略が上手でした。


コロナが始まり飲食店が販促を控えた瞬間に「店内換気/お席で注文」を打ち出し、「焼肉きんぐなら行っても大丈夫」という共通認識を植え付けました。


勉強になります。


――――――――――――――――――――

▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/


▼ローカルビジネスの研究所 ~がやてっく開発室~ ¥980

https://note.com/gayatec/m/m5e3ce52df167


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://newswitch.jp/p/34845 なるほどですね。 ペーパレス化の影響で印刷会社は既存の案件が減り続けているため、新規案件が獲得できるよう、メーカー側がいろいろ開発しているという図ですね。 デジタル印刷は印刷全体で約10%のシェアしかなく、そこを掘っていく流れです。 メーカー側もニッチな需要を狙っているかと思いきや、印刷業界の流通額が結構大きいのですね。 19年の国内の印刷

https://www.jprime.jp/articles/-/26011 無人餃子の店舗展開は早かったですね。 損益分岐点が低いため、多少万引き等されても問題ないのでしょう。 お肉の無人販売所は「副業」の視点で損益が組まれています。 年収400万の会社員が副業で毎月10万、年間120万稼げたら、最高です。 そもそも1店舗あたりの利益をたくさん捻出するビジネスモデルではないため、より多店舗展開が

https://www.hotosena.com/article/14776669 どこまで真面目な話だとかと読み進めましたが、どこまでも真面目な話でした。 東京都立多摩科学技術高等学校の生徒が、校舎を都心部へ移動させたいという想いから校舎を押し始めたようです。 現状では近くの電車の揺れで電子機器を利用できない、など理由は至って真面目。 また、「正攻法に嘆願書を学校に提出しても効果はない、まずは生