ビッグデータを活用するために導入したポンタ、ローソンの取り組みが着実に実りつつあります。


https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2110/27/news080.html


おぉ、すごい結果、広告の出し方もどんどん変わっていきますね。


ローソンがレシート広告にAIを活用し、消費者に合わせたデザインやキャッチコピーで提供する、という記事です。


まずはレシートはあまり見ない、捨てられる問題があると思いますが、とはいえコンビニの客数は1日1,000人前後です。


つまり、1割の人しかレシートを手にしなかった場合でも、1店舗100人×1万店舗=1日100万人は手にします。


1日100万が対象となるわけですから、母数としては十分すぎる数です。


別に、実験結果がこんなに明確にでるとは思いませんでした。


AIでデータを抽出された20万人に対して、3パターンのレシート広告を発行した場合、AIが抽出した会員の購入率は、レシート広告を出さなかった場合で4倍、レシート広告を出した場合では12倍になった、とのことです。


より多くの広告で活用することで、確実に売上は上がります。


ちなみに、ポンタ会員にはレシートではなく、自動で携帯にクーポンが入るようにすることは難しいのでしょうか。


圧倒的に利用率が上がるような気がしますが、レシートだからこその効果であるのかもしれませんね。


ポンタを導入後、ビッグデータの活用を掲げてきたローソンの取り組みが着実に実っていますね。


▼ローカル情報の研究所 ~がやてっく開発室~

https://note.com/gayatec/m/m4b74eb72a919


▼越谷雑談がやてっく

https://koshigaya.gayatec.jp/


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

スケールさせるときに大事なコトの一つは「当たり前のことをやりきる」ということです。

https://president.jp/articles/-/52062 なるほどですね。 テレビCMより費用対効果がいいため、銀のさらが紙のチラシを年3億枚配布しているという記事です。 確かに、銀のさらさんのメニューってものすごく美味しそうですし、厚めの紙質の印象はありますね。 今回の記事で改めて思ったことは「当たり前のことをやりきる大切さ」です。 銀のさらさんは後発組でしたが、「後悔させない