ファミマで「遠隔品出し」が実現!今後、人手不足解消の一手となり全国に広がっていくこと間違いなしです!


 

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2106/04/news119.html

 

とうとうここまできましたね。


ファミリーマートで遠隔操作ができる商品陳列ロボの実験が開始されたという記事です。


昨年の夏からざわざわしていた領域でしたが、とうとう実装ですね。


飲料が置いてある空間をウォークインと呼びますが、ウォークイン業務は

①商品発注

②商品納品

③商品品出し

④在庫整理(棚に在庫を並べる)

※適時、空箱の段ボールを潰す

という流れがあります。


①はすでに自動発注機能があるため人の手から離れつつあり、遠隔機能があれば遠隔で可能です。


③と④は一定の条件が揃えば品出しが可能なのかと思います。


その一定の条件を揃えることも含めて②はまだまだ人の手が必要です。

(現場では「ルールに則って在庫整理するのめんどいよ~」という声が上がっていそうですが。)


これ、何が凄いかって、コンビニに全く興味がない方も業務を行ってもらえる可能性が高いということです。


例えば、シンプルに主婦ゲーマー。


ポイント制度をつけて最低時給で働いてもらい、ポイントが溜まったらファミマのオンライン商品を買える、とか企画を立てれば、人手不足で派遣を多用した場合の人件費より圧倒的に安く済みます。


介護が必要で自宅にいなければならない方など、事情がある方も積極的に働けそうで、社会にとっても良いことだと感じます。


そのうち、派遣会社で「人」ではなく「ロボ」を貸し出す日が来るかもしれませんね。


▼まとめ

・ファミマがロボットベンチャーのTelexistence(東京都港区)が開発した遠隔操作ロボットを10月から実運用

・商品陳列ロボットの名前は「Model-T」

・全店への展開を検討


純粋にやってみたいです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛