ファミマで「遠隔品出し」が実現!今後、人手不足解消の一手となり全国に広がっていくこと間違いなしです!


https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2106/04/news119.html


とうとうここまできましたね。


ファミリーマートで遠隔操作ができる商品陳列ロボの実験が開始されたという記事です。


昨年の夏からざわざわしていた領域でしたが、とうとう実装ですね。


飲料が置いてある空間をウォークインと呼びますが、ウォークイン業務は

①商品発注

②商品納品

③商品品出し

④在庫整理(棚に在庫を並べる)

※適時、空箱の段ボールを潰す

という流れがあります。


①はすでに自動発注機能があるため人の手から離れつつあり、遠隔機能があれば遠隔で可能です。


③と④は一定の条件が揃えば品出しが可能なのかと思います。


その一定の条件を揃えることも含めて②はまだまだ人の手が必要です。

(現場では「ルールに則って在庫整理するのめんどいよ~」という声が上がっていそうですが。)


これ、何が凄いかって、コンビニに全く興味がない方も業務を行ってもらえる可能性が高いということです。


例えば、シンプルに主婦ゲーマー。


ポイント制度をつけて最低時給で働いてもらい、ポイントが溜まったらファミマのオンライン商品を買える、とか企画を立てれば、人手不足で派遣を多用した場合の人件費より圧倒的に安く済みます。


介護が必要で自宅にいなければならない方など、事情がある方も積極的に働けそうで、社会にとっても良いことだと感じます。


そのうち、派遣会社で「人」ではなく「ロボ」を貸し出す日が来るかもしれませんね。


▼まとめ

・ファミマがロボットベンチャーのTelexistence(東京都港区)が開発した遠隔操作ロボットを10月から実運用

・商品陳列ロボットの名前は「Model-T」

・全店への展開を検討


純粋にやってみたいです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

状況が明確になれば一つずつ対処し未来を作ることに集中していきましょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2230G0S1A920C2000000/?unlock=1 リアルな数字が出ました。 コロナ禍で4.5万件の飲食店が閉店したという記事です。 政府の対応が飲食店に対して極端だったように個人的には感じますが、時代によって生き残る産業と生き残れない産業があります。 コロナ禍以降、飲食店のニーズが減れば、市場は縮小し、飲食店

「良いものは売れる」という時代はとっくに終わり、クオリティ以外の部分を描いてビジネスができるかどうかが重要です。

https://www.businessinsider.jp/post-243858 へぇ~すごく面白い取り組みですね。 4人の女性が移動しながら宿泊できる2階建てバスをリノベーションし、旅行プランナーとして商売を始めたという記事です。 内装からなにから全て4人で手掛けて行ったようですが、バス内を写真で見る限り、クオリティがかなり高いです。 人件費がかからないとはいえ、そこそこ投資は必要だったので

マクドナルドの強みは常に先行利益を獲得し続けている部分であり、代替肉分野に関しても同じことが起こるのでしょう。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101500169&g=int 少しずつ進んでいるようですね。 米マクドナルドで代替肉バーガーが試験販売されているという記事です。 代替肉バーガーの試験販売はもうだいぶ前から行われていますが、本当にゆっくり進めていますね。 というより、将来を見据えて着実に進めているという感じでしょうか。 例えば、モスバーガーやロッテリア、