ファミマで「遠隔品出し」が実現!今後、人手不足解消の一手となり全国に広がっていくこと間違いなしです!


 

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2106/04/news119.html

 

とうとうここまできましたね。


ファミリーマートで遠隔操作ができる商品陳列ロボの実験が開始されたという記事です。


昨年の夏からざわざわしていた領域でしたが、とうとう実装ですね。


飲料が置いてある空間をウォークインと呼びますが、ウォークイン業務は

①商品発注

②商品納品

③商品品出し

④在庫整理(棚に在庫を並べる)

※適時、空箱の段ボールを潰す

という流れがあります。


①はすでに自動発注機能があるため人の手から離れつつあり、遠隔機能があれば遠隔で可能です。


③と④は一定の条件が揃えば品出しが可能なのかと思います。


その一定の条件を揃えることも含めて②はまだまだ人の手が必要です。

(現場では「ルールに則って在庫整理するのめんどいよ~」という声が上がっていそうですが。)


これ、何が凄いかって、コンビニに全く興味がない方も業務を行ってもらえる可能性が高いということです。


例えば、シンプルに主婦ゲーマー。


ポイント制度をつけて最低時給で働いてもらい、ポイントが溜まったらファミマのオンライン商品を買える、とか企画を立てれば、人手不足で派遣を多用した場合の人件費より圧倒的に安く済みます。


介護が必要で自宅にいなければならない方など、事情がある方も積極的に働けそうで、社会にとっても良いことだと感じます。


そのうち、派遣会社で「人」ではなく「ロボ」を貸し出す日が来るかもしれませんね。


▼まとめ

・ファミマがロボットベンチャーのTelexistence(東京都港区)が開発した遠隔操作ロボットを10月から実運用

・商品陳列ロボットの名前は「Model-T」

・全店への展開を検討


純粋にやってみたいです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し