ファミマは「ファミペイ」を活用した差別化戦略で生き残りをかけているため、消費者金融業に参入したのでは。


 

https://diamond.jp/articles/-/263101?page=2

 

おっ、やっと始まるんですね。


コンビニ業界は今まで以上に競合との凌ぎ合いが激しくなっていきそうですね。


今後は店舗数の増加ではなく、インフラ要素をどれだけ充実できるかが生き残りに繋がることでしょう。


そういった意味で、ファミマは全店統一の便利な銀行を持つ必要が先にあると感じています。


元am/pmの店舗では未だにゆうちょATMを利用しており、地方銀行(例えば、千葉県なら千葉銀)の取り扱いが出来ません。同じファミマでもイーネット銀行では利用できるだけに「なぜここは使えないの?」という意見もあります。


同じ看板であるのに、統一されたサービスえお提供できていない部分は改善の余地があります。


▼ファミマの2種類の銀行

 

https://www.family.co.jp/services/application/atm.html

 

今後はデジタル払いが主流になりますので、コンビニ銀行の利用は減るのでしょうが、一方で売上高では一強(シェア70%以上)のセブンイレブンは、paypayチャージをセブン銀行でできるようにするなど、セブン銀行を活用し細かいニーズを拾いにいっている姿勢はさすがです。


▼まとめ

・スマートフォン決済アプリ「ファミペイ」を活用

・個人に小口の資金を貸し付け

・ファミマの完全子会社ファミマデジタルワンを通じて展開

・数万円といった小口の貸し付けを想定

・ファミペイに紐づけてある銀行口座に入金する仕組みにする方針


決済機能はファミペイがリードしていますので、ファミペイ連携での差別化戦略の今後が楽しみです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/94907?imp=0 メモ程度に。 時代はググるからトクるへ変わっていくという記事です。 最終着地としては ・ググる(Google) ・タグる(Instagram) ・トクる(TikTok) の3層に分かれるということです。 30代あたりだと「そりゃそうだよね」という話ですが、50代以上ですと「Google以外の検索」が世

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ