ホタルが棲める環境なら人間性を取り戻せそうですね!鹿児島が里山環境再生を進めています!

更新日:8月28日


https://www.sankei.com/article/20210818-U2F73GX4FBC3TJZ25WFK6ORQJM/


へぇ~凄く勉強になりました。


鹿児島が進めるホタルが棲み続ける里山環境再生に関しての記事です。


30年くらい前は千葉県の田舎の方でもホタルが普通に飛んでいましたが、今ではまったく見れなくなっているようです。


ホタルの育成過程についてあまり知識がありませんでしたが、ビオトープを構築できる環境を作ることが難しそうですね。


ホタルが棲める環境=人間らしさを取り戻せる環境に近しいように感じます。


ホタルの育成情報をデータ化しノウハウ化すれば、こういった環境を増やせそうですし、結果的に脱炭素に貢献できるのであれば取り組みに参加したい人もいそうです。


投資や人的部分で活発化するといいですね。


▼まとめ

・熊本県公共関与産業廃棄物管理型最終処分場「エコアくまもと」のビオトープ

・ゲンジボタルの飛翔(ひしょう)を継続的に確認できているうえ、希少種のウチヤンマ、コガタノゲンゴロウなども飛来

・少しでも子供たちに日本の自然の素晴らしさを伝えることができるとうれしい、とのこと


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え