モノの便利は配送インフラがあってこそ!ITの力で1%でも労働環境が改善されると嬉しいですね!


 

https://this.kiji.is/748073314317664256?c=113147194022725109

 

へぇ~こんな取り組みがなされているんですね。


実数が少ない記事でしたので数値を追ってみました。


不在配達率が20%改善されたようですが、まず、そもそも不在率(再配達率)は15%で月間34万件です。


▼宅配便「再配達率15%」 1か月あたり約34万件

※対象:佐川急便、日本郵便、ヤマト運輸

https://trafficnews.jp/post/92469


20%改善されると「6.8万件」分を再配達なしで済みます。


※2019年10月数値

・全配達数:229万件

・再配達数:34万件

・改善数:6.8万件(今回の記事を参考)


つまり、再配達率が15%→12%に改善されるということですね。


数値的にはインパクトは薄いですが、実際、現場で配達をされている方からすると、1件でも再配達が減ると精神的にプラスになるのは間違いないです。


また、不在だと分かっていても必ず届けなければならない商習慣ってどうにかならないものでしょうか。。。


私が5年前に住んでいた場所では、夜暗くなった頃に部屋の電気が付いていると配送してくれる方がいらっしゃいました。(助かりました)


▼まとめ

・「AIと電力データを用いて不在配送を回避するシステム」の実証実験

・不在率を20%改善

・神奈川県横須賀市の一部地域

・実施期間は2020年10~12月

・スマートメーターから得られる電力データを元にAIが配送ルートを示すシステム


「環境や効率」の側面でなく、働く環境が改善されることも合わせて切に願います。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news028.html へぇ~面白いですね。 一度廃れた焼き芋が再度ブームになっているという記事です。 過去にブームってありましたっけ?笑 まぁ、それは別としても、今は専門店が増えていることは事実ですよね。 知り合いのお店には店頭で簡単に販売できる機材を揃えており、限定で50本くらい作って確実