モノの便利は配送インフラがあってこそ!ITの力で1%でも労働環境が改善されると嬉しいですね!


 

https://this.kiji.is/748073314317664256?c=113147194022725109

 

へぇ~こんな取り組みがなされているんですね。


実数が少ない記事でしたので数値を追ってみました。


不在配達率が20%改善されたようですが、まず、そもそも不在率(再配達率)は15%で月間34万件です。


▼宅配便「再配達率15%」 1か月あたり約34万件

※対象:佐川急便、日本郵便、ヤマト運輸

https://trafficnews.jp/post/92469


20%改善されると「6.8万件」分を再配達なしで済みます。


※2019年10月数値

・全配達数:229万件

・再配達数:34万件

・改善数:6.8万件(今回の記事を参考)


つまり、再配達率が15%→12%に改善されるということですね。


数値的にはインパクトは薄いですが、実際、現場で配達をされている方からすると、1件でも再配達が減ると精神的にプラスになるのは間違いないです。


また、不在だと分かっていても必ず届けなければならない商習慣ってどうにかならないものでしょうか。。。


私が5年前に住んでいた場所では、夜暗くなった頃に部屋の電気が付いていると配送してくれる方がいらっしゃいました。(助かりました)


▼まとめ

・「AIと電力データを用いて不在配送を回避するシステム」の実証実験

・不在率を20%改善

・神奈川県横須賀市の一部地域

・実施期間は2020年10~12月

・スマートメーターから得られる電力データを元にAIが配送ルートを示すシステム


「環境や効率」の側面でなく、働く環境が改善されることも合わせて切に願います。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://newswitch.jp/p/34845 なるほどですね。 ペーパレス化の影響で印刷会社は既存の案件が減り続けているため、新規案件が獲得できるよう、メーカー側がいろいろ開発しているという図ですね。 デジタル印刷は印刷全体で約10%のシェアしかなく、そこを掘っていく流れです。 メーカー側もニッチな需要を狙っているかと思いきや、印刷業界の流通額が結構大きいのですね。 19年の国内の印刷

https://www.jprime.jp/articles/-/26011 無人餃子の店舗展開は早かったですね。 損益分岐点が低いため、多少万引き等されても問題ないのでしょう。 お肉の無人販売所は「副業」の視点で損益が組まれています。 年収400万の会社員が副業で毎月10万、年間120万稼げたら、最高です。 そもそも1店舗あたりの利益をたくさん捻出するビジネスモデルではないため、より多店舗展開が

https://www.hotosena.com/article/14776669 どこまで真面目な話だとかと読み進めましたが、どこまでも真面目な話でした。 東京都立多摩科学技術高等学校の生徒が、校舎を都心部へ移動させたいという想いから校舎を押し始めたようです。 現状では近くの電車の揺れで電子機器を利用できない、など理由は至って真面目。 また、「正攻法に嘆願書を学校に提出しても効果はない、まずは生