ユーザー獲得は「浅く広く」から「狭く深く」が鉄則!KFCは体験を提供することで、コアユーザーの満足度を引き上げています!


 

https://www.businessinsider.jp/post-240008

 

重要な取り組みだと感じます。


KFCが期間限定で宿泊者がチキンを食べ放題できるホテルを準備したという記事です。


ビジネスマン的な視点だとプロモーションとして「面白い」「話題になる」「さすがKFC」と捉えると思います。


もちろん上記の面もあるとは思いますが、別の側面があります。


おそらく、コアユーザーに対して体験価値を提供することにより、さらに息の長いコアユーザー化することに加えて、今までの恩返しにあたります。


私も自身の事業でステッカーを作りファンに届けようという案が出ました。


まだまだ小さい事業でしたので「ステッカー欲しい人いるの?」と思いながら先着でプレゼント企画を実施したら、即レスでプレゼント依頼がきました。


顧客の想いを決めつけてしまったことに反省をすることと同時に、ステッカーをプレゼントしたユーザーは、事業体をより好きになってくれる、応援してくれるのだろうと確信しました。(コアユーザー化)


人口は今後も減っていくため、ユーザー獲得は「浅く広く」から「狭く深く」が鉄則ですね。


ということで、KFCの取り組みは、一般的な視点では対マスコミに対する「ただのプロモーション」のように感じますが、コアファンを創出するための重要な戦略であることは間違いないでしょう。


KFCに対するコアファンの満足度を引き上げるイメージです。


▼まとめ

・KFCは、最大139ドル分のチキンを無料で提供するポップアップ・ホテルをロンドンにオープンする

・宿泊料金は1泊154ドルで、2021年8月に11泊分の営業を予定している

・部屋には「チキンを注文」と書かれたボタンがあり、無料のルームサービスを注文できる


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛