ランチェスター戦略的にはAOKIはもう少し早く動いても良かったのですが、アクティブスーツの市場はコロナ禍で今後も伸びるため、今後期待できそうです。

更新日:2月8日

https://www.fashionsnap.com/article/2021-02-07/aoki-active-work-suit/


ランチェスター戦略でいう「弱者は差別化」に対して「強者は良いプロダクトを徹底的に模造して面を保つ」。

AOKIクラスはもっと早く動いても良かったと感じますが、その他の事業が強いだけにこれから仕掛けても伸びそうですね。


まとめ

・1着4,800円、黒1色の「アクティブワークスーツ」が好調

・3日間で予約販売が完売(現在は追加予約開始している)

・アクティブワークスーツは気軽に着られる機能性も重視

・以前からお客様よりシーンを選ばずに着られるスーツに対する要望が届いていた

・アクティブワークスーツの構想には約1〜2年を費やす

・今後も成長させる予定


追記 ※2019年時点

・1位 青山商事 1,530億

・2位 AOKI 983億

・3位 コナカ 606億

・4位 はるやま 505億

・業界動向 バブル期15兆円→10兆9千億円まで縮小

・紳士服業界の中でいち早く角化経営を進めたのはAOKI

→結婚式場や披露宴会場を運営するアニヴェルセル・ブライダル事業

→カラオケやネットカフェ、フィットネスクラブなどの「快活CULB」

→「FiIT24」などを運営のエンターテイメント事業


私の嫁の父親はAOKIファンでした。

今後の活躍を応援しています。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え