ロボットが的確に3Pシュートを決める映像は衝撃的でした~!トヨタの技術力、まだまだ世界と戦えると信じています!


 

https://jidounten-lab.com/u_toyota-olympic-media

 

いや~凄いですね。


海外メディアがトヨタの自動運転e-Paletteをどう評価しているかという記事です。


ごめんなさい、自動運転はもちろん素晴らしい技術ではありますが、今回一番衝撃的だったのが「バスケットボールのシュート」をロボットが的確に決めた映像でした。


https://twitter.com/i/status/1419280507028721666


「自動〇〇」となると自動車とか飲食店の配膳サービスとかビジネスにばかり目が向いてしまいますが、バスケットの3pシュートとハーフラインからのシュートを1発で決めてしまうなんて、ホント驚きました。


そういった技術をトヨタが開発していることにもビックリです。


オリンピックの現場では自動運転に関わる全体のシステムは効率よくいかなかったようですので、改善は必要だと思いますが、とはいえ日本一の企業トヨタの躍進、期待しています。


▼まとめ

・米ブルームバーグ通信は「選手のシャトルでオリンピックの栄光をトヨタが手にした」と、e-Paletteの活躍ぶりを報じた

・選手村では、自動運転が可能なMaaS専用次世代EV(電気自動車)「e-Palette」が選手や関係者の移動を担った

トヨタはパラリンピックでもe-Paletteなどを導入する見込みで、再びトヨタの技術が五輪を通じて世界にアピールされることとなりそう


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛