ローカル電鉄のMaaS「アプリでクーポン」!理にかなった取り組みで「移動」を根本から考え直しています!


 

https://newspicks.com/news/5632777/body/?ref=index&a=QIqxiaSUsM0qRrYUw8yY4WILlJkyg55xEgs0akG1NJ9k303k1L%2BLvVfYmMAnZwI0LVmvwUJ2QIak3QVm7RSL4c%2BQ%2BWN4SgBPYblr%2FL6Ijon4xYILpgygtzJmu%2FXzdiHNAvMxqMeKj4dF9Qf3OGciFHIwiXnLhoQi8QDPfsByzgBbLVodvgWXkoKKRDcSHrV%2FjqBpPeqjBSD9Xui56uhyXxo8hzHnG3IR0J0c4GzW0iiMYf0ZeTNLLqhFSsBs6vZZ60gHc9NP77azx09rVBz0iAqJSCbHm4xjpjBn3Ij%2FhYJSTLhu6GXSpMmBqlex1i2KY4Vj7XXF3zz9m9SA6HAJoJU4RtIM%2F9BTXuVtekdu5KZPOq8UaeX0tg2Omf0s8km4&adid=sesK

 

なるほど、とても勉強になりました。


結局のところ、都心を中心とした主要電鉄は利用者は減ったものの、ある一定の利用者が見込まれています。また、複数の会社の既得権益が絡むので、静岡鉄道のようなMaaSの取り組みが難しい。


ローカルの中でも人口が最大の主要都市・鉄道だからこそ実現可能性が高いと感じました。


人口6万人ほどの千葉県銚子にある銚子電鉄などでは、ハードルが高い取り組みかもしれませんが、福祉の役割があることを考えると、こういった課題を抱えている世界にお金が回るといいですね。


▼銚子電鉄について

 

https://note.com/tomoya0725/n/n27817b06e130

 

そして、静岡市も人口減に悩んでいますが、日本の人口が減る限り地方Aに人を集めると地方Bの人が減る、というスパイラルからは抜けられません。


ベーシックインカムなど国策が必要かと感じます。


▼まとめ

・目指すビジョンは「しずおかMaaSによる新しい暮らし方」

・高齢者が自ら運転しなくても、移動したい時に、安全に、そして安心して移動できる新たな環境の整備が急務

・4つの実証実験

 →AIオンデマンド交通の客貨混載実験

 →静岡電鉄の混雑情報提供実験

 →仮想ダイナミックプライシング実験(クーポン付与)

 →自家用車データの取得・運転スコア提供

・空いている時間帯は割引がある


他県の地方都市にも広がりそうですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛