ローソンが「こども宅食」をスタート!相対的貧困層を救う取り組みを応援したいです!


https://ampmedia.jp/2021/07/26/lawson-sdgs-shinagawa/


捨てるだけの商品であれば、子供たちに限らず各社とも寄付する仕組みがあればいいのになぁ、と感じました。


ローソンがSDGsの取り組みで食品ロス削減に向けた取り組みを開始した、という記事です。


今回は10,000個を宅配するそうですが、それだけ処分する商品が毎月あるということですよね。


ローソン規模の企業でこの数なので、セブンイレブンとかもっと沢山の数がセンターで廃棄処分されているということなのでしょう。


もったいないですが、売り手だけの問題ではなく、顧客ニーズに応えるための結果ですので、普段の行動も考えさせられます。


ところで、品川区の子ども食堂、しあわせ食卓事業ってとても良い取り組みをされていますよね。


▼子ども食堂・しあわせ食卓詳細

https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/contentshozon2019/kodomosyokushien.pdf


文京区など他の市区町村でも実施されている場合がありますが、こういった活動は国単位、県単位でどんどん進めていきたいものです。


会社の規模に関わらず、各企業に参加してほしいものです。


▼まとめ

・ローソンはSDGsの「食品ロス削減・子どもの貧困などの社会的課題解決への寄与」を目的に余剰食品を支援

・対象は東京都品川区の「しあわせ食卓事業」と「子ども食堂ネットワーク」

・支援を必要としている家庭に約10,000個、425世帯へ7月26日より順次届ける


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え