ローソンが「こども宅食」をスタート!相対的貧困層を救う取り組みを応援したいです!


 

https://ampmedia.jp/2021/07/26/lawson-sdgs-shinagawa/

 

捨てるだけの商品であれば、子供たちに限らず各社とも寄付する仕組みがあればいいのになぁ、と感じました。


ローソンがSDGsの取り組みで食品ロス削減に向けた取り組みを開始した、という記事です。


今回は10,000個を宅配するそうですが、それだけ処分する商品が毎月あるということですよね。


ローソン規模の企業でこの数なので、セブンイレブンとかもっと沢山の数がセンターで廃棄処分されているということなのでしょう。


もったいないですが、売り手だけの問題ではなく、顧客ニーズに応えるための結果ですので、普段の行動も考えさせられます。


ところで、品川区の子ども食堂、しあわせ食卓事業ってとても良い取り組みをされていますよね。


▼子ども食堂・しあわせ食卓詳細

https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/contentshozon2019/kodomosyokushien.pdf


文京区など他の市区町村でも実施されている場合がありますが、こういった活動は国単位、県単位でどんどん進めていきたいものです。


会社の規模に関わらず、各企業に参加してほしいものです。


▼まとめ

・ローソンはSDGsの「食品ロス削減・子どもの貧困などの社会的課題解決への寄与」を目的に余剰食品を支援

・対象は東京都品川区の「しあわせ食卓事業」と「子ども食堂ネットワーク」

・支援を必要としている家庭に約10,000個、425世帯へ7月26日より順次届ける


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛