ワークマンのお家芸!「着る網戸」って何!?TPOに寄せた商品作りに感服です!変革を続けるためにSNSをフル活用!


 

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2103/10/news077.html

 

まず、服を探す際の分類の仕方が面白いですね。


一般的なアパレルでは「ジャケット/インナー/シャツ/・・・」という分類訳ですが、ワークマンは「ワーク/タウン/アウトドア/ドッグス/ジュニア/レディース」というTPOに寄せた分類になっています。


「ニッチな課題」から逆算して開発しているため、TPOに寄せた分類になることは必然だとは思いますが、開発までの過程に注目しました。


それは「ユーチューバーと意見」「SNS上で販売を要望する声」を取り入れているとのことです。


20代の方はイメージがないかもしれませんが、ワークマンは10年以上前までは、主に「工事現場の人が利用する服屋」でした。


なので、お客様がそもそもSNSを利用、もしくは活用しない層が多く、プロモーション方法としてSNSは圏外にありました。


そのよう企業が「SNSの声を取り入れて商品開発をする」ということ自体が「企業の変革」を示しています。


ワークマンのアウトプットされている「プロダウト」は、今後も生き残れる強い企業の証となっています。


感服です。


▼まとめ

・3月10日、2021年春夏新製品のラインアップをオンラインで発表

・裏返せば作業着に“変身”するスーツ

・網戸から着想を得たジャケット

・公式アンバサダーYouTuberのNozomiさんと意見交換をして開発

・背中のファスナーを開くことでリュックを背負ったまま着用できる服

・ソースなど水溶性の汚れに高いはっ水力を発揮する機能を付けたシャツ

・2月には「東京ガールズコレクション」に登場

・コロナ禍でも順調に売上を伸ばす


▼一方、データドリブンなワークマン

 

https://note.com/tomoya0725/n/n1f1723752190

 

今後も楽しみですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり